せきえま

ビッチのストレートなエッチ欲は最高w 石鎚ぎんこ「ルーモアギャル→野本さん」(COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)より)


前回:フェチ的なエロさがすごい。きいろいたまご「とらカブり??」(COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)より)

エロ冊子を購入するとまず「どこから読むか」を悩んでしまうんですよね。
とりあえず知っている作家さんのところを読んで、そこからどうしよう、となる。

今読んでいる「COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)」でそんな状態になって、とりあえずスタンダードに最初から読んでみるか・・・となり今回の石鎚ぎんこ先生「ルーモアギャル→野本さん」を読んでみました。
いわゆるビッチの女の子なんですけど、ビッチの女の子ってエロに躊躇がないところが良いですね!

「COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)」収録:石鎚ぎんこ「ルーモアギャル→野本さん」

COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)
COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)

(作品概要)

「わたしらしく。」

欲望を制御し、適切に処理(オナニー)できるスマートな大人のための女子校生エロ漫画雑誌。

表紙…加茂

石鎚ぎんこ「ルーモアギャル→野本さん」
つっつ「ぱんつ売りのJKさん」
デコ助18号「威風淫々」
桐原湧「BORDERLINE」
わなお「イマDoki?花子さん!」
みよし「ゆびきりげんまん」
inono「ボクたちの失敗」
佐骨「Gimme Love!」
とく村長「ワルイムシ」
makki「みにくいビッチな娘」
おろねこ「さらしな恋心」
森山六花「純情かれんっ!」
ぞんだ「ナマ☆イキ」
Qudamomo「CIRCLE」
きいろいたまご「とらカブり??」
むねしろ「彼女は淫らな読書女子」
ポンスケ「魅惑の微笑」
うさ城まに「彼女コロン」
成田コウ「逆転カースト」
高橋こじか「先生のお礼参り」
くろニャン「ふたりの進路」
四電ヒロ「outframe」
坂上海「僕は妹に弱みを握られている」
東野みかん「暗闇ノ花ビラ」
たらぞお「さまーがーる」

単話販売もしています。
※サンプルはこちらから

ルーモアギャル→野本さん
ルーモアギャル→野本さん

学校でよくある都市伝説的な「ヤラせてくれる」という女の子の話。

「ヤラせてくれるんじゃないか」という風貌の女の子と、内気だけど性欲はあるという男の子のH話。

ビッチはエロに素直で悪くない

この手の「あの女の子ヤラせてくれるらしいよ」の展開で言うと

  • 実はただの噂だったけど女の子と両思いだった(大塚麗夏「隣のさせ子さん」的なもの)
  • 本当にビッチ、あるいはお金目的(ぽんこっちゃん「僕らのお口姫!」)

の2択になりますが、本作は後者の「本当にビッチ」です。

そのビッチ・野本さんの「気持ちよければいい」「お金があればいい」的な短絡的な感じと、内気な男の子に感情移入できる感じ。
学生のこの頃にタイムトリップするような感じがこの作品の面白いところかなと思います。
私を含めエロマンガを読んでいる人ってそこまでオラオラ系の人ではなく、どちらかと言えば内気な部類の人寄りなのかと思うので、この主人公の男の子の村岡くんに感情移入できるんじゃないかと思います。

そしてエロマンガの作品の主流といえる「内気な男の子だけどチンコがでかい」という設定も外しておらず、主人公として感情移入して(都合の良い設定で)いい気持ちになるってこういうことなんだなあと感じた次第ですw

作品は村岡くんのデカチンを見て、野本さんがちょっとづつドキドキしていくさま、最終的に野本さんがデカチンに喘がされてしまう感じが非常にエロく良い作品でした。
何のネガティブな感情もなく、一直線にHできるって素敵です☆

■収録

■単話

次:ちょいポチャの身体がエロすぎる。inono「ボクたちの失敗」(COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)より)

(おまけ)人気エロマンガ・エロ同人ランキング

最後に現在のDMMエロマンガ・エロ同人ランキングを紹介。定期的に確認すると思わぬエロい掘り出し物があったり、割引キャンペーンをやっていることも。PCでもスマホでも見られるので、お好みのエロマンガを好きな時に好きな場所で見られます。
  有名エロ漫画家の単行本から、月間のエロマンガ冊子まで。すべてのジャンルを幅広く商品を揃えているのでエロマンガのことはここでほぼ満足できる可能性が高いです。私も重宝しています。
  エロサイトの広告で配信されている作品などやたらとエロい作品が集まっています。好きな作家さんを探して、その作者の作品を追ってみたり、表にあまり出てこないコアなジャンルを探ってみたりするのに便利。

2 comments for “ビッチのストレートなエッチ欲は最高w 石鎚ぎんこ「ルーモアギャル→野本さん」(COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です