せきえま

師走の翁先生の「彼女彼氏彼女」を読む。先生の駆け抜けるようにセックスする感じが好き。


昔「シャイニング娘。」っていうマンガが大ヒットしたのをご存知でしょうか。
モーニング娘。が大流行した時のエロマンガで、それを描いたのが師走の翁先生。

そこから先生の作品はいくつか読んでいるんですけども作品に共通して言えるセックスに対しての集中力が素晴らしいなと毎回感じている次第です。
で、今回取り上げたいのが「彼女彼氏彼女」。
読んでみると師走の翁節が入っていてやっぱり面白い。

「彼女彼氏彼女」あらすじ

DMM公式より

それぞれに相手のいる気の許せる親友通しの愛、圭太、小五郎。ある日小五郎の彼女とのセックスがうまくいかないのをどうにかしたいという悩みを聞いてるうちに、いつの間にか愛が練習台になって3Pに突入してしまい…!?事後、愛のフェラの練習が必要という話になり…!?

もうね、話がメチャクチャなんですよw ザ・エロマンガという。
だけどそれにもまさるセックスに対しての集中力が凄いんですよね。

ジャンルにしても「NTR」要素がちょっと入っているんですけども、作品の快楽へ向けて駆け抜けていく感じが凄い。

セックスに対しての集中力って超重要

同氏の作品でなんて言う作品だったか忘れちゃったんだけど、日がなセックスをしまくるマンガがあったんですよね。何人かで。
それを見た時にも思ったんだけど、「セックスさえあれば他のことは考えなくていい、あとで考えよう」みたいな疾走感がいいんですよね。

この「彼女彼氏彼女」にしてもいわゆるNTRなんだけど、途中からそんなことがどうでも良くなってくる感じがある。
「頭が真っ白になっていく」感じなんですかね。NTR作品にありがちな後味の悪さとか背徳感が一切ない。

主人公の日野原愛ちゃんの彼氏について深く言及されていないからそんなふうに思えるのかな。

こういう作品を読んでいくと快楽を追求して堕ちていく感じって、エロマンガにとって、いや、セックスにとって非常に重要な事なんじゃないかなと思うわけです。
「堕ちる」も深刻度合いが特にないし、温度感としてちょうどいい。

おっぱいがエロい

あとおっぱいの描き方がとても美しい。
形がいいし、寝そべった時のおっぱいの曲がり加減や、歪み下限がとてもエロい。

エロマンガってマンガだけに非現実的におっぱいが大きすぎたりするのもある中、非常に的確な形とサイズなのがいい。

なんだか最近エロいことを探す際に元気がない、みたいな事が多かったわけだけど、こういう突き抜け感は読んでいて元気が出る。
こういうのを「正の連鎖」というのだろう。
心のEDが元気になっていく。


彼女彼氏彼女