せきえま

鶴山ミト「しーするー」感想


眠れなくなるとエロ作品を読み、抜いて疲れて寝る。ということがあります。

先日そんな眠れない夜に、Komifloを開いたところ最近新しく収録された「COMIC BAVEL」に鶴山ミト先生の作品が掲載されていることを知りました。

鶴山ミト先生というと過去「したいコとしよっ!」の中の「コンソレーションマッチ」が最高にツボで大変お世話になった記憶があり(※)、今回Komifloに掲載されている作品を全部読み、その中でも特に良かった「しーするー」の感想を書きたいと思います。
※過去感想:鶴山ミト「したいコとしよっ!」感想
※このあと無事(いろいろな意味で)気持ちよく眠れました。

鶴山ミト「しーするー」


しーするー

内容

美術教師・吉田自由(享年22歳)。
女子生徒にモテたいがために、少々無茶をして死亡した彼は以来、美術室に囚われてしまった。
「せめて生徒一人とでも、淫らな関係になれていればこの世に未練なんざないのに」
現世への心残り、溜まりゆく性欲に悩む吉田の元に、ある女子生徒が美術室へと入ってきて…。
逝ってイカせて念願成就!? 昇天必至の激ヤバ心霊体験!

登場人物

  • 吉田自由
  • 小野
  • まりん
  • ゆな

プレイ内容/属性キーワード

  • 女子校生(処女)
  • おもらし
  • 制服
  • 幽霊
  • 指マン
  • フェラ・クンニ
  • 口内射精
  • 複数プレイ(男性器のみ)
  • ぶっかけ

感想「男一人×複数男性器の良さ」

複数男性器のいいとこ取り。

ラブイチャの読み心地の良さ

夜の学校で友達を探して美術室に入ったら亡くなってしまった先生と遭遇し、びっくりしてお漏らし。
そこからエッチな展開になります。

話はライトでヒロインの小野さんも明るく、むっつりスケベ(オナニーはしている)でエッチな展開になっていくのもごくごく自然に受け入れられます。
処女ですがセックスの気持ちよさをすぐに知り、トロ顔。キスなどを積極的にするというラブイチャ寄り。この読み心地の良さよ。

制服は半脱ぎ、幼めのブラ半脱がしの「分かっている」描写。さすがすぎます。

推しシーン

竿役である幽霊の先生は自分の思ったとおりに身体を動かすことができ(できることに話の中で気付く)、クンニとフェラを正常位体勢で同時展開したり、複数の男性器を出現させたりでき、かなりの自由度があります。

そんな中で推しシーンとしては(先生の)男性器を複数出現させるところでしょう。

男性器が複数というと、男多人数×女一人、という流れになるのですが、本作は先生の能力で男性一人の性器を複数出すといったものなんですね。
そして「複数の男性器は全部自分のもの」という前提にあるので読んでいてどの男性器にも感情移入できるという良さがあります。

フェラ、手コキ(2本)、前後挿入(2本)、乳首弄り(2本)という7役の男性器。
さらにフィニッシュが中出しとぶっかけ。素晴らしすぎですね。

ラブイチャ側の作品で安定のクオリティ。
小野さんが自然に気持ちよさそうな表情をしているので気持ち良い一作。

ありがとうございました。ごちそうさまでした。

■収録

 
■作品リスト