せきえま

直かめ「オカシの約束」のお姉ちゃんの狂気。どうかしてるw


エロマンガも数々読んでますけど久しぶりにぶっ飛んでるのを見ました。

直かめ「オカシの約束」

なんの前触れもなく狂気なお姉ちゃんが逆にエロマンガとして新しいなって思ったw

概要

直かめ「オカシの約束」
直かめ「オカシの約束」

「万引きが取り持つドSな恋の味わいはよっ●ゃ●イカより酸っぱいのです…」ってなんだ。

あらすじ

駄菓子屋のおねえちゃんに、あえなくご用となった小さな万引き犯、駿くんは、顔見知りの犯行に心を痛める彼女の問いに対して、言葉少なめに万引きの理由を語るが、
友達とのささいな諍いから、成り行き上そうなったことを知ったおねえちゃんは、安堵のあまり駿くんを抱きしめて、自分の胸で彼の顔をスリスリと祝福。
少年は頬を赤らめるが、かねてから駿くんに想いを寄せていたおねえちゃんは、そのショタ好きの本性を抑えきれず、半ば強制的に駿くんを犯してしまうのだった。

お姉ちゃんの狂気

あらすじだけ読むとただのお姉ちゃんが攻め手に回るおねショタジャンルなんですけどね…

「安堵のあまり駿くんを抱きしめて、自分の胸で彼の顔をスリスリと祝福」:わかる
「かねてから駿くんに想いを寄せていたおねえちゃんは、そのショタ好きの本性を抑えきれず、半ば強制的に駿くんを犯してしまうのだった。」:ここもまあエロマンガ的展開としてはわかる。

ここからなんですよ。

ちんこ舐めた後に「汚れがいっぱい」「でもねお姉ちゃんこのカス食べるの大好きだから」

駿くん「もうやめてよ!何でこんなヒドイことするの!?」

お姉ちゃん「ご、ごめんね。お姉ちゃんてば駿くんの気持ちも考えないで…」「お姉ちゃんばっかりでごめんね!!」

お姉ちゃん何故か駿くんのお尻にだんごゼリーを入れ始める

痛がる駿くん。「いたいっ」

お姉ちゃん「痛いわけないでしょ!?ほらおちんちんすごく喜んでるし…」で射精

お姉ちゃん「沢山出したのにまだおちんちんおっきしてるね」「何で何で!?」
「ちゃんと答えないとおちんちん壊すよ!?たまたま潰すよ!?」

駿くん「だ、だいすきなお姉ちゃんがいじってくれてるからだよぉぉ!!」

お姉ちゃん「あたし達…両思いだったんだ…」

ええーー!!w

このお姉ちゃんの人の話を全然聞いてない感じがものすごい。狂ってるw
ただ、この狂気が一種の興奮を誘発したりするわけで、ただのおねショタジャンルとは一線を画した狂気っぷりが個人的には新しいなと思いました。
こういう人とは関わりたくはないけど、狂気の中にはエロスが潜んでたりするんですよね。作品としてとても好き。

ていうか、私、もう末期なのかな…

直かめ「オカシの約束」