せきえま

あん♪あん♪食堂「炬燵と姪と、冬の夜。 -憧憬-」感想


サークル「あん♪あん♪食堂」さんというと個人的にはかなりお世話になっています(隠語)。

今回感想を書くのは「炬燵と姪と、冬の夜。 -憧憬-」。

従来の同人CGと異なり、小説仕立てになっていて新しい試みです(絵はある)。
官能小説にエロい画が加わって強力になっているそんな感じの作品。

あん♪あん♪食堂「炬燵と姪と、冬の夜。 -憧憬-」


炬燵と姪と、冬の夜。 -憧憬-

内容

【あらすじ】

3年前の大晦日。
帰省した実家でコタツを囲み
姪と二人きりで過ごした夜の事…

仕事からの解放感とアルコールが少々
単純に溜まっていた性欲。
普及し始めたインターネットの影響で
ロ〇に開眼していた俺は、まんまと過ちを犯してしまう。

こそばしあいからおヒザ抱っこ。
じゃれあいながらいろいろタッチ。
やがて会話をエロい方向へ持っていくと

『自慰はときどきしている…』

頭が真っ白になる程の衝撃の告白は
いともたやすく俺に一線を越えさせた。
挿入にこそ至らなかったが、夢にまで見た
ロ〇っ子の小さな身体を、性器を
両手と舌で味わう事ができてしまったんだ。

しかし実家を発つ朝、玄関での事。
姪の母親、俺の姉ちゃんに呼び止められ

『ねえ、あんたさ……』

娘と何かあっただろ?そう確信を持った眼差しで
見つめられた。

だんだんと自分のした事が怖くなってきた俺は
次の年とその次の年
期間にして3年程実家に近寄れなかった。

しかし俺と会うのを楽しみにしている母親に
いつまでも嘘の用事で顔を見せないわけにはいかない。
アノ事にも何らかの決着をつけなければならない。

意を決した3年ぶりの帰省。
そこには炬燵で寝入る髪を切った姪。
鐘突きに出かけた家族。

成長した姪と二人きりの大晦日の夜が
再び始まった…

※スマホ向けの文字拡大版も収録されています。

登場人物

おじさんと姪

プレイ内容/属性キーワード

  • クンニ
  • 制服(夏服)
  • 実家
  • ルーズソックス
  • 手マン
  • ロリ巨乳
  • M女
  • アナル中出し

感想「新しい作風、感情移入のしやすさ」

文章主体の作品なのでじっくりと読み進められ、そのゆっくりがドキドキ感に繋がっていきます。

鑑賞移入しやすい主人公と作品の造り

ロリコンのおじさんがひょんなことから姪に手を出してしまい(クンニ)、その自責の念から全然会わずにいたものの3年ぶりに実家に帰ってみたら姪がMっ気に目覚めていた話。

本作は主人公である、おじさん視点で話が進んでいきます。

読み手としてはおじさんに感情移入しながら読み進めていくわけなのですけども、感情移入しやすいなと思うポイントがあって、

  • 自分はロリコンであると自覚している
  • ただし世間的には良くないと自覚している
  • 3年前に魔が差して手を出してしまったことに対して自責の念のようなものがある

「ロリコンヒャッハー!!」みたいな感じではなく、自分の性癖を理解しつつも、世間的な常識も踏まえている。ここが引き込まれるポイントですよね。
(あん♪あん♪食堂さんの作品は一般的な常識を踏まえているという前提が多い印象)

こうした主人公なので「もし自分に同じことが起こったらどうやって行動するかな?」と想像する余地を与えてくれます。

文章主体というのもまた良く、CG作品と比較すると読み進め方が相対的に遅くなってしまうので、その分、脳内の想像の幅が広くなっていくのもポイント。

3年ぶりに会った姪が「目覚めていた」

そんな中で3年ぶりに会った姪が、性的に目覚めています。
そして、主人公に「あの日の続きを」と誘ってきます。

ここだけでもいろいろな想像を膨らませてきた脳内がパンクしそうになるのですけども、ここで一気に手を出すのではなく

「彼氏に悪いだろ」「姉ちゃんに殺される」

とあれこれ理屈を付けていく主人公。

やりたいに決まっているのにあれこれ理由をつけて少しでも自分を正当化していこうという感じのリアリティがたまらない。

結局の所

「見つからなければ・・・いいか・・・」
「見つからなければ・・・うん・・・」

と合意のもと、エッチが始まります。

ゆっくりとスローに展開するセックスと最後の畳み掛け

こたつの中に潜ったフェラに始まり(このこたつ内からのCGがとても良い!)、挿入。

見せ方も文章一辺倒ではなく、挿入時、姪の気持ちいい表情を見せるドアップCGやアナルを弄っている時のコマなど要所要所で漫画が差し込まれます。

プレイも数ページ(といっても文章主体なので1枚の力が強い)で入れ替わり、

  • こたつフェラ
  • 騎乗位
  • 正常位(すき)
  • オナニー
  • 駅弁
  • アナル弄り
  • アナル挿入

・・・とめくるめく変化をしていきます。

フィニッシュはこたつに姪を乗せてのバックでアナル中出し。
この時の主人公の「出したさ」表現も勢いがあってとても良かったです。

作風として新しい試みで、読み手としても気付きの多い作品でした。
そしてやっぱり絵柄がエロいのと、今回巨乳要素が加わっているのもとても素敵。豪華パックという感じ。

こたつフェラと正常位のシーンが好きです。
ごちそうさまでした。

■収録

 
■作品リスト