せきえま

しょうさん坊主「精子愛づる姫岸」感想(「コミックホットミルク 2020年05月号」より)


「コミックホットミルク 2020年05月号」を読みました。

最近以前の倍くらい読むのに時間が掛かるようになったのですが、以前よりもじっくりゆっくり読むようになったからなのかなと思ったりしています。
(だから月刊誌のレビューが遅れているという言い訳も含め・・・)

さて、今回感想を書くのは、しょうさん坊主先生「精子愛づる姫岸」。狂気感があってすき。

「コミックホットミルク 2020年05月号」収録:しょうさん坊主「精子愛づる姫岸」

コミックホットミルク 2020年05月号
コミックホットミルク 2020年05月号

収録作品×登場人物

作品 登場人物
★COVER ILLUST 西E田
★HOT LOVE NOVEL シノ・ICHICO 皐井リナ、弥園マユリ、藤田航平
★COLOR COMIC [彼女のイタズラ射精管理]Oni-noboru>>告った女がとんだ性癖の持ち主だった

作品 登場人物
[ハーレム・カルト 2:batfly]宇場義行>>お遊びの対価は高くつくよ 赤堀奏、辰巳、(羽鳥島始、志村笙子、田中)
[雌吹-メブキ-]えいとまん>>調子に乗った配信女子、オフ会に来た男に… 愛、(みーちゃん)
[やりたいことだけやってたい]高柳カツヤ>>疲れたOLさんはSEXして発散したい
[変妖]たにし>>若い男の本気を受け入れる熟母 晶、弘毅、(カナ)
ザクロ症候群-終・後編-]黒川おとぎ>>発情発作の連鎖が止まらない、無限SEX 言ノ葉 桜、舞城ステラ、飯沼美羽、周防、(虎嶋香、薬研和)
[Yes or No]シュガーミルク>>女ざかりの未亡人が巨根に堕とされる アダム、恭子、(隼人)
[エロゲで全ては解決できる! 最終話]ごばん>>一本のおち●ちんを取り合う巨乳ちゃん達 御子柴、文香、理子、友里、姫神
[それでも僕は覗きたい]あかゐろ>>更衣室のロッカーの中にいた痴●を弄ぶ 鹿島成美、須木間
たえちゃんとじみこさん 第16話]玄鉄絢 倉皇一途、内野隣
[堕妻ノ情乱 第3.5話]すぎぢー>>ママ達と息子達の団地内マル秘SEXサロン 時乃、美津江、(さつき、拓斗)
[霊に鼻を取られる]辻風太郎>>鼻がデカいとあそこもデカい? 大花、(マサヒロ)
[GOOD GAME]立川ねごろ>>バイト先の店長に片思い中 ナツメ、ミフユ、店長
[精子愛づる姫岸]しょうさん坊主>>理事長の娘から「指名」された理由とは 真取航、姫岸
[人妻倶楽部 美女と野獣達 Beauty&Beasts]黒岩瑪瑙>>今夜も始まる淫らな人妻の饗宴… ルナ(奈留美)、前田、中川、後藤
[幼なじみ Love Control 前編]野良黒ネロ>>高嶺の花だったはずの幼馴染の弱み発見 七海、裕太、(田丸)
[君との妄想スケッチ]宮部キウイ>>憧れの先輩がまさか俺のことを? 藤松、坂上
[気弱な部下の育て方 前編]葵ヒトリ(コミックメガストアDEEP24より)
[ゲノム]古賀亮一 バクマン、エルエル、所長、雪男
[コアマガのあほすたさん]あほすたさん あほすたさん
[母性天使マザカルカノン]1億年惑星 カノンちゃん

単話(サンプルあり)

精子愛づる姫岸

あらすじ

精子の提出が義務付けられたと教室で話題になっている。そこに、学園理事長の娘でもある姫岸先輩がやってきた。真取航は先輩に名指しされ、呼び出された。通されたのは専用のプライベートスペース。先輩はいきなり制服を脱いで航を誘ってくる。濃厚なパイズリフェラで奉仕され、すぐに射精してしまう航に、学校で一番元気のいい精子を持ってるから、妊娠させてほしいと姫岸先輩がおねだりしてくる。

プレイ内容

  • 女子校生・お嬢様・無茶ックス・巨乳
  • パイズリフェラ〜口内射精
  • 精子テイスティング〜ごっくん
  • 座位
  • 正常位ホールド中出し×3
  • 後背位中出し

小さいコマなんですけども精子テイスティングのインパクトがすごかった。

感想「姫岸先輩の狂気と風景の見え方の違いの面白さ」

作中で中出ししまくりのエッチがとてもいい。

あらすじにもあるように、本作ヒロインの姫岸は学園理事長の娘で容姿端麗。お嬢様という体でしかも巨乳。

素敵なのはそんな風貌でありながら狂気がある(徐々に明かされていく)というところ。

前後で全然違って見える風景

まず同じ風景、同じ言葉を聞いているはずなのに事実を知ることで全然風景が違って見える対象性が面白い。

  • 姫岸先輩が1年生の教室に向かっていくシーン(最初と最後)
  • 「健康診断で精液提出したけどエロいことに使われたりしてな」(最初と中盤)
  • 「避妊は大丈夫」(なぜセックスをしているのかを聞く前と聞く後)

日常的なシーンだったり、エロ漫画的ないわゆる「オイシイ展開」だったりするのが、事実を知ることで全く違って感じるのは読み応えがありました。

そしてこの話の筋ですらちょっと怖さがあるのに所々で見える姫岸先輩の狂気感もなかなかなかです。

アクが強くて好きだったシーンは最初の口内射精、口の中でクチュクチュしながらテイスティングしてごっくんするシーン。

まだ事実が明かされる前なんですけどもお嬢様的な見た目とのギャップが良かったです。逆に言うとここから既に狂気の片鱗は見えているとも言えるのですがw

推しシーン

最初はまさかの美少女先輩とエッチができると、ただ単純に気持ちよくなっていた航ですが、事実を知るたびに恐怖が埋めていっている感じがあります。
ただ、勢いの付いた性は止められず、そして姫岸先輩の攻勢も止まることがなく、流されるがままにセックス、セックス、セックス。

精神的に「やばい」と分かっていても、目の前の性に抗えない感じすごく好き。

個人的に好きだったシーンは最後の中出しシーンで中に出されながら姫岸先輩の目が開いているシーンです。
狂気と快楽がマックスに来ている感じがとても素晴らしい。

ごちそうさまでした。

■収録

■単話