せきえま

【FANZA電子書籍化】クジラックス「どきどき♥チケットチャレンジ!」感想


\ついにFANZAで電子書籍化!/

どきどきチケットチャレンジ!
どきどきチケットチャレンジ!

【あらすじ】

アイドル大好き少女・あやのちゃん。
コンサート当日に会場前でチケットを求めるも、うまくいかず…

あきらめかけたその時、そこに現れたのは怪しいダフ屋…!

欲に駆られてホイホイついていったが最後!

「Hなことをするたび良い席のチケットがもらえる」という
バラエティ番組(?)の企画にチャレンジすることになって…!?

==============================

ちょっと抜けてる隠れ巨乳の女の子が、
大好きなアイドルに会う、ただそれだけのために
エロエロなチャレンジに精一杯挑戦するお話です♪

司会(監督)の口八丁手八丁にジワジワとそそのかされ、
最終的にはパワフルなマッチョ男優にガン突き&中出しされまくる、
あやのちゃんの健気な姿をお楽しみください☆(オチは明るめです)

以下、少し話の筋のネタバレっぽいことが含まれる感想なのでご注意ください。

クジラックス「どきどきチケットチャレンジ!」感想

クジラックス先生の「どきどき♥チケットチャレンジ!」を購入して読みました。

もう安定のクオリティの高さとエロさ。最高か。

作品概要

電子書籍版(FANZAで配信)

FANZAで8/24から電子版の販売が開始。

どきどきチケットチャレンジ!
どきどきチケットチャレンジ!

内容

アイドル・STOOMのチケット欲しさに東洋ドームの近くでチケットを譲ってくれる人を待っているあやのちゃん(鈴木綾乃・STOOMの宝井涼推し)に声を掛け、巧みにエッチな撮影「どきどきチケットチャレンジ」に誘っていく話。

※STOOMって「歌い手のバラッド」にもちらっと出てきていて、こういう作品同士のつながりも良いですね。

登場人物

  • あやのちゃん(鈴木綾乃)/Fカップ/担当アイドル:STOOM宝井涼
  • ニットかぶ郎(監督)
  • セントバーナード武蔵丸(男優)
  • 小川茂樹(撮影)

プレイ内容/属性キーワード

  • 女子校生
  • 撮影
  • 下着撮影
  • 手コキ
  • フェラ
  • おもらし
  • 本番
  • 中出し

感想「純粋にヒロインのエロい姿を楽しめる」

AVで言うところの素人を言葉巧みに撮影していく作品をガチ女子校生にしていくような感じ。すごいエロい。

カメラ視点への切り替えのエロさ

あやのちゃんが(エロい)チャレンジをしていくのを撮影されるという話なのですが、時折カメラを通した視点に切り替わるのが良いです。

AVと違う点としてAVは少なくとも市場に出回るので大人なわけじゃないですか。
それが本作では現役女子校生なわけで、そんな子を撮影しているという背徳感が滅茶苦茶に高まります。

まず冒頭のエロいことをしていない制服姿の撮影シーンだけでもドキドキするw
(ニットのベストから見える胸の膨らみが素敵。Fカップ)

3rdチャレンジのお漏らしが好き

個人的に一番エロいと感じたのは「いきいき♥カラオケ」で「専用のマイクを使って(電マされながら)STOOMの歌を歌って歌い切れるか」のシーンで歌い切る直前に潮吹きしながら漏らしてしまうシーンですね。

ここまで来るのに色々と躊躇をして、やっぱり止めておこうと何回かなるのですけども、言葉巧みに、よりエロいチャレンジする羽目になって、そして最終的に快楽に抗えなく漏らす。
最高じゃないですか?

実は結構イイ話w

本作については比較的イイ話なんじゃないかと感じました。
もちろん、本作で言うところのヒロイン・あやのちゃんが言葉巧みにハメられるのは良くないことなんですが・・・。

うまいなと思ったのは、3rdチャレンジに失敗した時にあやのちゃんがパパ活で稼いだお金で解決しようとしたシーン。
ここで、ただの純粋無垢な子じゃないんだなと頭に差し込まれます。
(あと、この後に監督から「あやのちゃん!!転売は!!犯罪だよ!!」と言われるシーンで爆笑w)

パパ活やってるからハメ撮りとトントンになるのかは分かりませんがw、純粋無垢な女の子を騙してハメてポイ捨てという感じではないのが私は好き。

そして最終的にちゃんとこのおじさんたちはチケットを渡して(これに一番驚いたw)、あやのちゃんはライブを楽しんでいます。

ハメ撮りという体ではありつつも、この感じだとあやのちゃんもこの日のことは特に深く心の傷を追うわけでもなく、むしとライブに参加できた良い思い出を持っていきながら、この後、平和に過ごしていくのだろうなあなんて思えました。
(完全に偏見ですけど)このドライな感じが現代っぽいと言えば現代っぽいですよね。

胸糞感やモヤモヤがなく、純粋にヒロインのエロい姿を楽しめるという一品。
気持ちが良かった。ごちそうさまでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です