せきえま

アレクササンダー「ヤラせてくれる先輩」シリーズ感想(「もっと!ヤラせてくれる先輩」の感想追記)


※UPDATE:「もっと!ヤラせてくれる先輩」の感想を追記しました。

もくじ

「ヤラせてくれる先輩」「続・ヤラせてくれる先輩」

最初の「ヤラせてくれる先輩」がキャンペーンやってて手にしてみたところ、あまりの可愛さに悶絶してました。

そして直後に続編が販売されたので購入。フルカラーで先輩の肌の色感も分かって良かった・・・。

「ヤラせてくれる先輩」

ヤラせてくれる先輩
ヤラせてくれる先輩

文芸部に所属する 安達順一 は最高の気分で学校に通っていた。
なぜなら文芸部には可愛い先輩二人が待っているからだ……!!
そんな可愛い先輩たちをエロい目で見ているなんてバレたら一巻の終わり
今日もスキンシップ過多な 一ノ瀬まりん 先輩の接触に勃起したのを隠し
なんとか耐えたが……
小柄で小動物的な 佐山詩歩 先輩にバレていた……
まりんに勃起していた事実に対し自分には魅力がない
などと勘違いしている佐山先輩に安達は

「俺……ぶっちゃけ佐山先輩をオカズにシコってますよ」

と勢い余って言ってしまう。
そんな一言で佐山先輩は喜んで……
まさかヤラせてもらえるなんて……!

そして、ヤラせてくれる先輩とのヤリたい放題の文芸部生活が始まった!

「続・ヤラせてくれる先輩」

続・ヤラせてくれる先輩
続・ヤラせてくれる先輩

相変わらず文芸部室でサカりまくっている安達は、先輩に少し怒られながらも
押しに押しまくり、先輩を呼び出しては学校内のいたる所でヤリたい放題!
部室、男子トイレ、屋上の入り口……
そしてついに先輩が自分の部屋にやって来ることになり……

ヤラせてくれる先輩とのヤリたい放題の文芸部生活第二弾!

 

「ヤラせてくれる先輩」「続・ヤラせてくれる先輩」感想

文芸部の女先輩とちょっとしたきっかけでエッチすることになる話。(現在2作品)

ヒロインは全く対象的な女の先輩が二人。女子校生。
巨乳で陽気な一之瀬まりん先輩と、スレンダーで小動物、クールっぽさのある佐山詩歩先輩。

今のところ佐山先輩とのエッチのみ。

プレイ内容

作品サンプルに「オナホ扱い」とあるものの、主人公が思春期の性欲を突き通すような作品で、先輩を使い捨てのような扱いをしているわけではないため嫌悪感は全くありません。
どちらかと言うと先輩が流されやすい傾向が強い感じ。そして先輩もセックスにハマっていく様子が描かれているので気持ちよく読めます。

プレイ内容はおおよそ下記。

作品 内容 プレイ
ヤラせてくれる先輩 文芸部の女先輩とちょっとしたきっかけでエッチすることになる話。(陰毛なし差分あり) 胸を触らせてくれる、膝の上乗り、生セックス、相互弄り、後背位、騎乗位、中出し
続・ヤラせてくれる先輩 「ヤラせてくれる先輩」続編。佐山先輩との無茶ックス。 メガネ、無茶ックス。手マン、中出し、お掃除フェラ、シチュエーションが多め(部室×制服、トイレ×体操服ブルマ、学校の踊り場×制服、お家×私服)

推しシーン

感想としては「ヤラせてくれる先輩」はセックスできそうな雰囲気や初セックスまでのドキドキを味わいながら使える作品。

佐山先輩が抱えているコンプレックス(いわゆる陽気な女の子に抱える感情の)が見え隠れする、自分のどこが可愛いのかをグイグイ聞いてくるところが最高に好き。

エッチに入るまでが自分の可愛さや魅力を探っているような感じでナチュラルですし、何よりかわいい。

そして実際エッチしたら沼に入っていく流れ、ドキドキしちゃうし、セックス当日の夜のメッセンジャーのやりとりもイチャ度が高い。
これ、安達は童貞喪失して自信満々になっているんだけど先輩もきっと電話の向こう側で高揚感があるんだろうなと感じさせてニヤニヤできますw

「続・ヤラせてくれる先輩」はもうセックスが恒常化していて濃度が高く、各種シチュエーションが多いのでエッチ度が高め。
家で無茶ックスしてるシーンの全裸セックスで汗とか汁とかで身体がビショビショになっている描写、そして最終的に先輩も乗ってくるのが大好き。大変エッチ。

前作の初エッチからの流れるような展開と、ドハマリしている続編。そして本作最後に次回作に立つフラグ。
続きを正座待機したいと思います。ごちそうさまでした。とにかくかわいい。

作品

 

「続々・ヤラせてくれる先輩」

続々・ヤラせてくれる先輩
続々・ヤラせてくれる先輩

内容

佐山先輩が出した提案とは
ラブホテルに行くこと
そして……同じ文芸部の先輩であり、佐山の親友の一ノ瀬まりんも呼ぶことだった……!
当然断れるはずもなく
たわわな巨乳の先輩と
ち〇ちゃくて可愛い先輩との
ラブホ初体験が始まることに……

巨乳先輩とち〇ちゃくて可愛い先輩との
ドキドキえっちな初体験&3P
オールフルカラー78Pでお届けするシリーズ第三弾!!

 

「続々・ヤラせてくれる先輩」感想

続編。まりん先輩を交えたラブホ3Pセックス。
78ページ。フルカラー。

プレイ内容はおおよそ以下。

作品 内容 プレイ
続々・ヤラせてくれる先輩 続き、まりん先輩を交えての3Pセックス 手コキ、Wフェラ、69Wフェラ、生中出し、正常位、騎乗位授乳セックス、キスしながら後背位、ぶっかけ、滅茶ックス、オナニー

ラブホお泊りの滅茶ックス。

推しポイント

本作品の凄さは生々しさ。
ラブホセックスがエッチなのは言わずもがななんですが、それまでの段取りがとても良い。

まりん先輩の口実

まずまりん先輩とセックスする流れ。
「エッチに興味がある」「そのために付き合うのは違う、ネットで探すのは怖い」「安達くんはちょうどいい」という良い口実。
そうなんですよね。エッチに興味があってもネットは言うほどハードル低くはないし、じゃあエッチをするために付き合うのかというとそれも違和感がある。
そこで「ちょうどいい」のが安達です。
ちょうどいい、と言ってもじゃあエッチしようとはならないんですけども、安達と佐山先輩がエッチしてるのを見てるから、まりん先輩としても言いやすい、という2話までの話が伏線のようになっていて美しい。
(佐山先輩とまりん先輩の間で「付き合ってるのかどうか」を確認したっぽい雰囲気があるのもまたリアル)

丁寧なセックスまでの前段階描写

あとはセックスまでの前段階の描写が丁寧。
すぐエッチ、とかじゃなくて、コンドーム買うのにコンビに行ったり、手をつないで夜道を歩いたり、ホテルの部屋を無意味にうろちょろしたり。これらがすべて前戯。臨場感の上げ方が良すぎる、そしてラブホでいきなりセックスじゃなくて、着衣のままだきついたり、キスしたり。

こういう細かな前段があるので「こういう体験をしたらこういう緊張をするだろうし、ドキドキする」という作品の没入感がとても強い。すごい。

目の前に先輩がいるかのような没入感

それでいて安達の主観的な描写なので自分の目の前に先輩二人がいるようだ、となる。
二人の体型や陰毛、おっぱいの大きさ、ほくろ、セックスの感触の違い・・・違う女の子が二人目の前にいる!という感覚を交互に先輩を眺めて楽しむことができます。

交互に滅茶ックスした後のWフェラのフィニッシュシーンが本作の締めとして最高でした。推しシーン。

セックスして一日過ごして、その翌日・・・ネタバレは伏せますが、続くぞ!!!(大歓喜)
ありがとうございました。ごちそうさまでした。

続々・ヤラせてくれる先輩

 

「もっと!ヤラせてくれる先輩」

もっと!ヤラせてくれる先輩
もっと!ヤラせてくれる先輩

内容

ラブホでの一夜でセックスの快感を知ったまりん先輩は
今まで我慢していた性欲が爆発しところ構わずセックスに耽る!

小さくてスレンダーな詩歩先輩と比較して
おっぱいもお尻も大きい安産型のまりん先輩と
学校中をラブホ代わりに貪るようなセックス!
欲望のままに腰を打ち付け気持ちよく射精しまくる!
学校だけでは飽き足らず、カラオケや家でもヤリまくり!

 

「もっと!ヤラせてくれる先輩」感想

続編で購入。

60ページ、フルカラー
前回の3P初セックスからエッチの気持ちよさに目覚めてしまったまりん先輩と滅茶ックスする話。(少しだけ詩歩先輩とのえっちもあり)

滅茶ックス。ゴムありセックスが中心。
オナニー、騎乗位、学校内セックス、フェラ、パイズリ、顔写、尻射、クンニ。

まりん先輩の開放された性欲がエロすぎる

想像するにまりん先輩はいままで性に対しての知識が想像以上に少なかったんだと思うんですよね。

前回のセックス後にオナニーシーンは描かれているものの、まさにその時にオナニーに大ハマリしている感じがあるのでそれ以前は仮にオナニーはしたことがあっても軽めのものだったんじゃないかと予想。

セックスを体験したものだからどれくらい気持ちよくなれるのかを知ってしまってそのタガが外れる。
このまりん先輩の性欲開放した状態がぎゅっと詰まっているのが今回の「もっと!ヤラせてくれる先輩」。

学校行く前にオナニーしてしまったり、安達を襲うような感じで騎乗位セックスをしてしまったりと勢いが本当にすごい。

その性欲の開放感だけでも十分に気持ちがいいわけですが、個人的に推したいのは途中で日常の廊下で先輩とすれ違うシーンとかが差し込まれるところ。
こんな先輩が実は性欲が溢れている、という描写でもあり、日常にもこういう普通に振る舞いつつも性欲マックスの人がいるのかもしれないと想像させられる。

おうちで、部室で、カラオケで、保健室で、体育館裏で、あちこちで性欲の赴くままにセックス。
こういう学生時代を過ごしたかったですが本作のおかげで追体験できました。
ありがとうございました。ごちそうさまでした。

作品は更に続きます。楽しみ。

もっと!ヤラせてくれる先輩


※記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部が「せきえま」に還元されることがあります。(詳細