せきえま

臨終サーカス「Welcome Sashachang サーシャちゃんがようこそ」感想


最近Twitterでエロ漫画の情報を入手することが多くて、本作もそのひとつ。

少し前にTwitterを見ていたらこのツイートが流れてきました。

見たかったのですけども、当時確認した限りでは(確か)電子発売の情報がなかった気がしたので電子派の私としては断念していたのですが、なんと、電子版も出た!とのことで急いで購入。筆を走らせています。

良かった・・・!

臨終サーカス「Welcome Sashachang サーシャちゃんがようこそ」


Welcome Sashachang サーシャちゃんがようこそ

内容

ロシア出身過激系○r.アイドルのサーシャちゃんはデビュー1周年を祝して熱心なファンの自宅へ電撃訪問、えっちなファンサービスを行います。

プレイをすべて録画しつつ色んなえっちを楽しんだサーシャちゃん。

最後に訪れたガチ恋おデブファンおじさんのお家ではそれらハメ撮り動画を一緒に観賞。
独占欲を刺激されたファンおじさん、ついには欲望のタガが外れサーシャちゃんへと襲い掛かり…

登場人物

メイン

  • サーシャちゃん
  • ふとし(33)/フリーター

各ファンとのプレイ(録画)

  • フジ(26)/会社員
  • タケル(21)・ノブ(23)/大学生
  • センセー(43)/医者
  • シャチョー(38)/会社の偉い人

プレイ内容/属性キーワード

  • ロシア美少女×デブおじさん
  • 顔舐め
  • 唾飲ませ
  • 生中出し
  • お漏らし
  • 無茶ックス

他ファンとは各種プレイ(2ページ程)

  • イチャラブ
  • 凌辱
  • おもちゃ・緊縛
  • ノーマル

感想「色んな意味で気持ちよく読める逸作」

ふとしの家にサーシャちゃんが来て、前半は録画した他のファンとのエッチを一緒に見て、後半はふとしとのエッチ。
メインのふとしとのエッチではなく、他ファンとのエッチで色々なエッチが楽しめるのが良いところ。

体格差を活かしたエロさとサーシャちゃんの許容度の高さが◎

元々本作の竿主人公であるふとしは多少なりとも倫理観があるんですよね。

ガチ恋をしてしまって、自分の中の渦巻く欲望を抑えるためにファン交流イベントも控えておくなどしているのですけども、他のファンとのエッチを見てしまい

「僕だけのものにしなくちゃ」

という歪んだ欲求を一気に開放させ、顔舐め。

少し狂ったスイッチの入り方と、(他ファンともエッチしているのでエッチには特に抵抗はないであろう)サーシャちゃんがゾワッとしている表情がドキドキします。
(ここも心底ゾッとしているのではなく「すごいヘンタイさんにあたっちゃった」くらいの感じなのがサーシャちゃんの懐の深さを感じますw)

ふとしの一方的な想いで顔舐め、唾飲ませ、生挿入と展開していくのですけどもまず作品のエロさとしては圧倒的な体格差ですよね。

太って身体の大きいふとし、J○.アイドルならではのサーシャちゃんの細身の身体と貧乳。

二人の体が重なっているところ、そして挿入時の圧迫感(後輩位でのしかかるようにしているのも◎)でイカされるシーンがとてもエロいですし、その後にちょっとお漏らししてしまうのも個人的な推しポイント。

サーシャちゃんが抗えずに快感を得ているというのが見て取れるのでとにかく気持ちがいい。

細かい手足描写が良い

全体的にすごくいいなと感じているのが細部の手足の描写。
ぜひ読んだ皆さんに注目してほしいんですけども・・・(特に足指の動き)

例えば

  • 顔舐めされている時の足指。
  • 後輩位で最初の絶頂を迎える前のふとしのお尻の後ろ側に見えるサーシャちゃんの足指。
  • 絶頂時の足のばたつかせ〜指の握り。

本能が自然に細部に出ている感じがとても良く、こだわりを感じます。

最推しは最初のエッチシーンのサーシャちゃんの最初の絶頂(+足の動き)とお漏らしのコンボ。見開きで推したいワンシーンです。

後日談の読後感も気持ちいい

(個人的に)エロ漫画を読むにあたって重要なことは、読後に幸せな気分になるかどうか、という点なのですが、本作は読後感の気持ちよさもある。

これだけのプレイをした後、友達に「趣味が悪い」ということを指摘された後のあっけらかんとしたサーシャちゃんの反応が最の高でした。
みんなこういう肯定的でポジティブな愛情を求めているんじゃないかなw

心から美しい気持ちになりました、女神か。
それでいてイイ話だけでは終わらせずにサーシャちゃんの性癖も絡め、すこしライトめに話を括るのも良い。

(性的にも気持ち的にも)気持ちよく読み終えられる逸品でした。
ごちそうさまでした。

■収録

 
■作品リスト