せきえま

ぐりえるも「思春期まるだしっ!」。「露出作品は素晴らしい」と脳がアップデートされる


最近DMMセールの情報まとめをやったりしているのですけども、眺めていると「あ、これ見逃してた」というのがあったり、折角の機会なので買ってみようというものがあったりします。

そんな中で先日であったのが、ぐりえるも先生「思春期まるだしっ!」です。

以前、X-Erosに作品が掲載されているのを見て(※)、その露出感に衝撃を受けていましたw
魔が差して公園で露出して走る。ぐりえるも「RUN」(「COMIC X-EROS #53」より)

「Run」は良かったなとは思いつつも、露出ジャンルがすごく好きというほどではなかったので単行本購入した際に「どうかなー」と思っていたのですが、結論から言うと読んでよかったですw

ぐりえるも「思春期まるだしっ!」


思春期まるだしっ!

露出作品ですw
もっと言うと露出と放尿と色々混ざっている作品ですw

内容

処女(オトメ)の恥じらい、乱れ咲き

幾多の視線に囲まれて、高まるばかりの羞恥心…

「見られる」ことで恥じらい、感じる女の子達の姿に、どうしようもなく昂ぶっていく思春期の1ページがここに。COMIC高きっての個性派作家、処女単行本がついに登場!!

収録作品

【収録作品】

  • 「後夜祭でイこう!」
  • 「こんな村いやだっ!」
  • 「ようこそパイセン〜AV女優の課外授業〜」
  • 「ガマンできないッ!」
  • 「ハッピーバースデートゥーユー!」
  • 「今日イク!?実習生」
  • 「没収します!」
  • 「バツを覚悟の真剣恋愛!」
  • 「もっと見ていて」
  • 「思春期まるだしっ!〜前夜〜」(描き下ろし)

プレイ内容/属性キーワード

  • 制服
  • 露出(公開セックス)
  • 全裸
  • 美乳
  • 放尿/失禁

「コミック高」「コミックTENMA」に掲載された作品が中心。

ざっくりレビュー「「露出作品は素晴らしい」と脳がアップデートされる」

「露出(公開セックス)、全裸、放尿/失禁」と書いてしまうと読む人をものすごく選びそうな気がするのですけども、実際その手のジャンルが趣味嗜好ではないという人でもぜひとも一度読んで欲しい一冊。

私も最初の全校生徒の前でHするという「後夜祭でイこう!」から入って、「この人に見られている感の中でドキドキするのはなかなか大変だなー」と思いつつ、ページを繰っていくと

  • 「後夜祭でイこう!」:公開セックス
  • 「こんな村いやだっ!」:公開セックス
  • 「ようこそパイセン〜AV女優の課外授業〜」:公開セックス
  • 「ガマンできないッ!」:全裸失禁
  • 「ハッピーバースデートゥーユー!」:全裸オナニー見つかる/全裸セックス
  • 「今日イク!?実習生」:全裸徘徊
  • 「没収します!」:全裸徘徊
  • 「バツを覚悟の真剣恋愛!」:公開セックス
  • 「もっと見ていて」:全裸セックス
  • 「思春期まるだしっ!〜前夜〜」(描き下ろし):オナニー

とにかく全裸・露出が凄い(錯乱)

で、ずーっと読んでいると脳がどんどん侵食されていくのですねw
読みながら「たしかにすっぽんぽんになってセックスするのは気持ちいいかもしれない」「非日常感があっていいかもしれない」みたいな感覚にふんわりと包まれていくわけです。
そして読み終わった頃には「露出作品は素晴らしい」と脳がアップデートされるわけですw

この感覚が新しい。
エロマンガで肌を出すこと自体はそんなに珍しいわけではないのだけど、露出寄りの作品なので、全裸になった時の開放感とか、肌がちょっとひんやりする感じのドキドキとかがとても伝わってくる、洗脳される作品ですねw

作品全体は比較的純愛系のものが多く、露出と言ってもキツい描写がないので読みやすく、体型は貧乳〜美乳寄りな感じでそこがリアルで良い。

個人的に好きなのは「ガマンできないッ!」で失禁、全裸の現場を好きな男の子に見つかったあとの保健室全裸Hです。
シチュエーションの急展開さに頭が大混乱を起こして激しくドキドキしましたw

■収録

■作品リスト

(おまけ)人気エロマンガ・エロ同人ランキング

最後に現在のFANZA(DMM)エロマンガ・エロ同人ランキングを紹介。定期的に確認すると思わぬエロい掘り出し物があったり、割引キャンペーンをやっていることも。PCでもスマホでも見られるので、お好みのエロマンガを好きな時に好きな場所で見られます。
  有名エロ漫画家の単行本から、月間のエロマンガ冊子まで。すべてのジャンルを幅広く商品を揃えているのでエロマンガのことはここでほぼ満足できる可能性が高いです。私も重宝しています。
  エロサイトの広告で配信されている作品などやたらとエロい作品が集まっています。好きな作家さんを探して、その作者の作品を追ってみたり、表にあまり出てこないコアなジャンルを探ってみたりするのに便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です