せきえま

源五郎「おさなづまといっしょ」感想


立ち読みした瞬間に愛を感じて素晴らしいと思って購入した単行本、源五郎先生「おさなづまといっしょ」。

LO系の作品なのですけどもやっぱりセックスは愛があってこそですよね!

源五郎「おさなづまといっしょ」


おさなづまといっしょ

内容

初体験から妊娠まで!一途で献身的な幼妻との子作りを描いた人気シリーズ「おさなづまといっしょ」をはじめ、幸せセックスをたっぷり詰め込んだ11篇を収録

収録作品

  • 「おさなづまといっしょ ふたりたび」
  • 「おさなづまといっしょ 第1話」
  • 「おさなづまといっしょ 第2話」
  • 「おさなづまといっしょ 第3話」
  • 「食べちゃうぞ」
  • 「パラダイストリップ それから」
  • 「割れ鍋に綴じ蓋」
  • 「オフタイム・ラブ 第1話」
  • 「オフタイム・ラブ 第2話」
  • 「オフタイム・ラブ 第3話」
  • 「倦怠少女」

プレイ内容/属性キーワード

  • 幼妻(LO)
  • ラブイチャ
  • 破瓜
  • 妊娠
  • アイドル
  • 3P

ざっくりレビュー「愛のあるLO作品」

基本的に愛のある作品で気持ちがいいw
※「割れ鍋に綴じ蓋」だけヒロインがドS、主人公がややMな感じ。

特に推したいのは長編作の「おさなづまといっしょ」「オフタイム・ラブ」でしょう。

分別のあるロリコンと純真な幼妻が結婚する「おさなづまといっしょ」

サラリーマンの和彦が父親から許嫁を紹介され、その紹介された子(桜子)がロリという話。

LOの作品なので、そっちの趣向が少なからずある人が読んでいると思うのですけども、大半の人は「実際には手は出さない」「二次元のみ」みたいな話だと思うのですよね。
LOが掲げているキャッチコピーにも「YESロリータNOタッチ」とあるように実際にエロ漫画的な境遇が起こったとしても「NOタッチ」サイドの人がほとんどだと思うんです。

本作の主人公和彦も同様で、実際にLO娘の桜子が目の前に登場して結婚をしても、「本物に手を出しちゃまずい」という考えがあり、制服系の風俗で発散するのみの分別のあるロリコン。

これが多分読者の脳にシンクロして没頭感が出るのではないかと思うんですね。

分別を持って、節度を持って接していてもちょっとしたタイミングで桜子からOKサインが出て一気にタガが外れ、決壊していってしまう感じ。このドキドキですよね。

結果「相手にされないのは自分のせい」と思っていた桜子と「手を出してはいけない」と節度を守っていた和彦が結ばれ、2話ではスク水ラブイチャプレイ、3話は妊娠後のプレイなどバリエーションも広く、シチュエーション別のエロさがあって素晴らしいです。

アイドルとの恋愛「オフタイム・ラブ」

次に推したいのがアイドルとマネージャーのセックスを描く「オフタイム・ラブ」。

こちらは「おさなづまといっしょ」とは異なり、最初から二人組のアイドル綾花・萌恵の綾花とデキているという前提。
1話は綾花、2話は綾花とのエッチを見てしまった萌恵がエッチを迫ってくる話(処女)、3話は3P。

これは2話の萌恵が(ちょっと無理をしながら)エッチを迫ってくるシーンが最高です(そもそものそれまでの描写も初々しいですし、綾花とのエッチを目撃してしまった時も震えていた)。

そもそもそんなことをするはずのない子が、Sっ気を演出して迫ってくるところが可愛いのなんのという話ですね。

この可愛さに満足した後に交互にイチャイチャする3話(萌恵ちゃんがエスカレートして野外プレイしているのも見ものですw)・・・からのW手コキ、3P、W射精、からのお掃除ダブルフェラで大団円です。
このお掃除Wフェラの主観風の描き方、そして舌のペロペロ感のどアップが最高にエロく、個人的にはここが本作最高の名シーンなのではないかと思います。最高にエロいぞ。

■収録

 
■作品リスト