せきえま

mon-petit(もんぷち)「夏が終わるまで」感想〜シリーズまとめ【最新作 「夏が終わるまで 夏の終わり前編」】


「夏が終わるまで」シリーズまとめ

シリーズの一覧まとめです。

「夏が終わるまで」


夏が終わるまで

「夏が終わるまで アナル編」

夏が終わるまで アナル編
夏が終わるまで アナル編

「夏が終わるまで おうち編」

夏が終わるまで おうち編
夏が終わるまで おうち編

「夏が終わるまで 夏の終わり前編」

夏が終わるまで 夏の終わり前編
夏が終わるまで 夏の終わり前編

これが最終話の前編。

以下は「夏が終わるまで」を読んだ時の感想です。

「夏が終わるまで」感想

失楽天やメガストアなど(最近でいうとメガストアの連載「うちの可愛い同居人さん」とか)でもその名前を見かける、もんぷち先生のサークル(になるのかな?)「mon-petit」の大人気NTRマンガ「夏が終わるまで」を読みました。

この感想を書いている段階で電子化されているのは連作3作品、そして前回の冬コミで新作が出ています。
(最後にまとめます)

mon-petit(もんぷち)「夏が終わるまで」


夏が終わるまで

この清純な顔立ちと巨乳のコントラストがたまらない。
エロさが際立つ。

内容

ある日幼馴染で恋人である由比とコウは部室でエッチをする。
しかしそれを見ていた教師にその事を理由に脅され、口止めを条件に体を許す由比。
始めはコウ以外に犯される事に嫌悪感を覚えていた由比だが次第にその体は快感を覚え始め…。

彼氏との夢を守る為に学校で先生にJKヒロインが犯されるNTR物です。

プレイ内容/属性キーワード

  • NTR
  • 女子校生
  • 教師
  • 中出し
  • 巨乳
  • 快楽堕ち

ざっくりレビュー「迫りくるエロスがすごい」

清純そうな顔立ちに見事な巨乳と大きなお尻。
エロさが満点の作品でした。

NTR作品ではあるものの快楽堕ちしていく姿が良い

幼馴染のコウちゃんと部室でセックスしているところを隠し撮りされ、それをタネに「これがバレたら夏の大会にでられなくなる」と脅され、セックスを許してしまうというNTR作品なのでジャンルとしての好き嫌いはあるかと思います。

私自身NTRが得意ジャンルかと言うとそういうわけでもないのですがw、本作のいいところは最終的に気持ちよくなってハマっていくという快楽堕ちという点でしょう。

最初は罪悪感や気持ち悪さからか顔を泣き腫らしていたものの、徐々に身体が反応し、そして求めるようになる・・・そうそうセックスは気持ちよくなるのがいいことなんですよ!という感じ。

そういう意味ではこの連作から悲壮感は薄くなっていきますし、NTRの悲しみ自体も減少していきます。
そこは苦手な人でも許容できる範囲なのかなと。

逆にNTRが好きな人にとって、野球部の選手とマネージャーというリア充の境地みたいなカップルを打ち崩していくところに楽しみを感じるのかもしれませんねw

由比の身体がとにかくエロい!

ここまででも散々書いていますけども、清純そうな顔立ちなのに身体がめちゃくちゃエロいのは大きなポイントの一つと言えるでしょう。

制服からでも乳袋が目立つ巨乳、揉まれている時の柔らかそうな感じ。そして、後ろからついている時に目立つ大きめな尻。お腹周りのほどよい肉。
このおそらく多くの男が思うところであろう「良い肉付き」が体現されているのが素晴らしいです。
(序盤の制服からおっぱいだけを出してスカートをたくし上げるシーンのおっぱいの形もとても良いです。)

これ、どうして良いんだろうと思ったのですけども、読み進めていて絵の迫力がすごくあるんですよね。

エッチしているワンシーンをとっても迫ってくる感じがあって、一段とエロ度が高まる。まるで自分が由比としているかのような気分になってくる。

あと学校では清純そうなあの子の乱れている姿を見られるというのが素晴らしい。
色々な想いを持ちながら活用できた作品でした。ごちそうさまでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です