せきえま

水龍敬「ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド 1」感想


「何かエロ素材ないかな・・・今日はエロ動画というよりも漫画の気分だな・・・」と思ってDMMをサーフィンしていたところ、こんなキャンペーンを見つけました。

ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド

98%オフ・・・だと・・・? (゚A゚;)ゴクリ

ということで即購入しましたw
(※追記:セールは終了しています)

水龍敬「ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド 1」

ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド 1
ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド 1

(内容)

「次のチ○ポだぁれ〜?誰でもいいからオマ○コ使っていいわよ〜!」とある大富豪により、ついに日本に「性の解放」を謳ったテーマパークが開園された!その名も「水龍敬ランド」!ここはセックスの罪悪感や嫌悪感を払拭し、誰でも生まれたままの姿で、まるで食事を楽しむようにセックスを楽しむ夢のテーマパークだ。女の子達は淫らに股を開き、アソコからはヨダレがダラダラ!今日もヤ○チン、ヤ○マンが集まり、あっちでもそっちでも出会って3秒でパコパコし放題!そんな歓喜と快楽の夢のテーマパーク、あなたも覗いてみませんか?

プレイ内容

  • ビッチ
  • 乱交
  • スワッピング
  • 近親相姦

ざっくりレビュー「ヤリ目という分かりやすいテーマパーク」

セックスを楽しむためだけのテーマパーク「水龍敬ランド」。
作家さんの名前をそのまま使っている心意気の良さがたまりませんw

テーマパークの主旨はそのまま、Hをするためだけにそこに行くというもの。

つまりそこに入っている人は男女関係なしにみんな「やりたい」という人。

1話は水龍敬ランド行きのバスの中で会った、一見おとなしそうな女の子マイちゃん(表紙中央)とHをするというお話。

おとなしそうに見えていても水龍敬ランドに来るということは・・・わかるな?w

初々しいもの同士がHした後にスワッピングをして、さらに乱れていく感じも好感度が高いです。
なによりも物語の序盤から想像できないマイちゃんのアヘ顔など開放感がなかなかのものw

各巻読み切り。1巻はもうひとつ母子の近親相姦の話が入っています。
2話はどちらかと言うとアトラクションの紹介と激しいHが中心。ハードですw

「こういうパークがある」という発想はすごく面白いと思うのですよね。
おとなしそうだけどHに興味津々という子とかって世の中に存在するわけじゃないですか。

そういう子が気兼ねなく性を開放できるというところ、素敵です。

■単話

■シリーズ