せきえま

ミリンコウ「父と娘が近親相姦する話 ~続・援交相手が娘の友人だった話~」感想


※UPDATE:「父と娘が近親相姦する話 ~続・援交相手が娘の友人だった話~」の感想を追記しました。

もくじ

 

ミリンコウ「援交相手が娘の友人だった話」

いつものように同人フロアを散歩していたらちょっと気になる作品を見つけました。

サークル・ミリンコウさん「援交相手が娘の友人だった話」。フルカラー。
このサークルさんの色の付け方だと思うんですけども、シーンごとに生々しくJ●っぽさを演出しています。


援交相手が娘の友人だった話

内容/プレイ内容

援交目的で出会った少女・藍(J●)は、自分の娘の友人だった――というお話です。

ホテルで・主人公の自宅で、基本イチャラブHします。

【Hシーンの流れ】
1回目: ホテルでゴムあり挿入、フェラ・口内発射・ごっくん
2回目: 主人公の自宅のお風呂で中出し
3回目: 実娘の部屋で生エッチ、生中出し
・断面図演出あり、サブCGによる演出あり
※実娘とのHシーンはありません

登場人物

  • 由香里(主人公の娘。娘とのHはなし)

 

感想「強いリアリティのある描写が良し」

読んでみて感じたのが塗り方のリアル感が強いんじゃないかという点。

藍の身体の面でいうと若い子っぽさのあるうっすらと見える肋骨、形はあるもののまだ発展途上のふくらみかけ微乳。そして汚れていない透き通った肌。
セックスする際、主人公のゴツゴツした手に包まれる感じ。もうほっそいんですよね。

例えばサンプルにあるこのシーン。
援交相手が娘の友人だった話
(サンプルより)

お家お風呂エッチのワンシーンなのですが、主人公の大人の身体と、藍の若くて華奢な身体の対比が見事ですよね。

こうしたリアリティのある描写がサークルさんの大きな特長なのかなと感じました。

身体だけではなくエッチの時に性器に付着した愛液っぽい濁り、パンツに滲み出た我慢汁などの細部も凝っています。

描写に後押しされるスリリングさ

一方で本作合計3回のエッチのうち、2回が主人公の家なのでとてもスリリング。
(主人公の家でするのも「娘の友だちとして遊びに来た」という体なので当然家の中に娘もいます)

いずれのシーンも接近度が高く、1回は風呂、間一髪で見つかりそうになるもののセーフ。

もう1回は娘が寝てる前でセックス。
前述の通り絵柄のリアリティが強いので、スリリングな展開がより一層スリリングになるんですよね。

援交相手が娘の友人だった話
(サンプルより・藍の華奢な身体、うっすら見える肋骨が見事)

娘が目を開けたら即詰みのシーンですし、正直目を開けるんじゃないかとさえ思いましたw
スリリングセックスが好きな人にはおすすめと言えるでしょう。

一応二人っきりの、スリリングではないホテルのシーンも最初にあります。

ただ、ホテルのシーンでは会ったばっかりで「セックスがもしかしたら気持ちいいものなのかも?」と知りはじめるところなので、藍が本当に気持ちよさそうにする直前。
これはこれで経験の浅い女の子を大人の経験値で開発している感じ(かつ、自分とのエッチに夢中にさせていく感じ)があってエロいのですが、やはりエロさの真骨頂は藍がセックスの気持ちよさに目覚めていくお家エッチです。

個人的プッシュは由香里(娘)に見つかりそうになりながら、風呂場で初イキを体験するシーン。
中出し後にバスタブの縁に精子を流すのがアフターとして淫靡。

当たり前ですが援交は社会的にダメなので、エロ同人というのは一つの疑似体験ツールとして使えます。
本作は疑似体験をする作品の中でもなかなかリアリティのある一作なのではないかなと感じました。
ごちそうさまでした。

 

ミリンコウ「父と娘が近親相姦する話 ~続・援交相手が娘の友人だった話~」

父と娘が近親相姦する話 ~続・援交相手が娘の友人だった話~
父と娘が近親相姦する話 ~続・援交相手が娘の友人だった話~

内容

前作『援交相手が娘の友人だった話』の続編、実の娘・由香里との近親相姦編です。

前作で主人公と半セフレ状態になった援交相手・藍が、友人であり主人公の娘である由香里を’プチ援’に誘うところから物語が始まります。

プチ援の相手はもちろん……主人公=父親です。

※騙して最後までヤってしまう話ではありません。物語上、父と娘はお互いを認識した状態で、処女喪失から近親相姦・子作りセックスに臨みます。
※藍とのHシーンもありますが、メインは由香里とのHです。
※3Pはありません!

登場人物

  • 藍(Hシーンあり)
  • 由香里(主人公の娘。今回はこちらがメイン)

※3Pはなし

 

感想「前作に加えて生々しさと背徳感が強い一作」

前作が援交相手が娘の友人という話で、今回は娘とセックスをする話。
J●。近親相姦。1作品の中で6話構成となっています。

エッチまでの段階の踏ませ方がリアル

ミリンコウさんのFantiaでそういった展開になっていたのは把握はしていたのですが、率直に一番最初に思ったこととしては

絵柄的にリアル感が強いのでこのテイストで近親相姦はいけるのか・・・???

といった点でした。
ファンタジー感の強い絵柄であれば近親相姦というエロ漫画の中でのファンタジーとして曖昧に受け入れられる気がしたんですけども、絵柄のリアル感が強いので現実感が付いてこないのではないか?と思ったのです。

ただ、今回実際に読んでみて杞憂だったことがわかりましたし、逆にエッチまでの段階の踏ませ方などもあり生々しくリアル。

娘とのスリリングなやり取り

公式プレイ内容より。

  • 手コキ
  • フェラ(飲精/ごっくん、お掃除フェラ)
  • オナニー
  • 素股(下着越し/直接、ぶっかけ)
  • 処女喪失
  • 中出し

最初のきっかけは娘の友達(主人公の援交相手)の藍が由香里をプチ援に誘うところから。

普通、友達にプチ援に誘われてドキドキしながら行ってみて父親と対面したら、ものすごい拒絶反応があると思うんですよね。

ところが本作では仕掛けがひとつ入ることにより、由香里は父親と気付かずに援交をすることになります
(手コキ、フェラ)

主人公はもちろん娘だと分かっていますし、藍も(読者も)分かっていて、状況をきちんと把握できていないのは由香里だけ。
そういうシチュエーションの中で藍が、援交に緊張している由香里に対して「お父さんだと思ってしてみたら」と言うのはスリリングでしたし、由香里本人は父親に対してしているとも思っていないので素の反応がまたリアル。
本音を覗き見る感じが面白かったです。主人公の心情を表現するかのような射精も良い。

背徳感の高いエスカレート

援交は由香里の性欲と主人公への意識を掻き立てるための役割となり、その後、風俗店の名刺が由香里にみつかり問い詰められるところから少しづつエッチな展開に。

素股〜パンツ上射精、パンツをずらしての射精などどんどんエスカレートしていってついに生セックス。
慢性的にエッチをするようになり、最終話の出勤前フェラの破壊力は最高に高かったです。

娘を騙す、手玉に取るというわけではないのも良いところで、反抗期っぽさあるもののお父さん好きなんだろうなあというのが伝わってくる良い流れの近親相姦でした。

娘と娘の友達に生中出しをしているのでやっていることはとんでもない沼ですが、話としては特に不幸ではなく、背後に漂うほの暗さを出しながら完結。

今回は娘ということで前作に加えて生々しさと背徳感が強くなり、裸になって抱き合っているだけでも破壊力が高いフルカラー作品。
大変エッチな一作。ごちそうさまでした。


他にはこんな記事も読まれています。

FANZA(DMM)セールまとめ
FANZA(DMM)が現在行っているエロ半額セールなどのまとめ情報です。デイリーで巡回して更新中。

新作エロ同人まとめ
新作エロ同人まとめ。FANZAのランキングを巡回して新作に絞り込んでまとめています。

新作単行本エロ漫画(電子書籍)ランキング
FANZAの新作単行本の電子書籍版エロマンガに絞ったランキングまとめです。