せきえま

Cuvie「別の顔」感想(「快楽天ビースト 2019年04月号」収録)


「快楽天ビースト 2019年04月号」を読みました。

今回は割とスムーズに「この作品!」というのを選べて、今回ピックアップするCuvie先生「別の顔」以外では、平間ひろかず先生「小悪魔のホンネ」、安部マナブ先生「ママカツ!」が好みでした。

そんな中でも「別の顔」のシチュエーションにドキドキするし、すごいエッチ!ということでピックアップ。

Cuvie「別の顔」感想(「快楽天ビースト 2019年04月号」)

快楽天ビースト 2019年04月号
快楽天ビースト 2019年04月号

「快楽天ビースト 2019年04月号」収録作品

  • 春しこみ/ねこまたなおみ
  • ホントですから◆/kakao
  • ワンナイト・フラストレーション/きづかかずき
  • 近所のメスガキに愚息が逆らえないって本当ですか~?/藤ます
  • 小悪魔のホンネ/平間ひろかず
  • 別の顔/Cuvie
  • お痛いのはお好きですか?/れぐでく
  • 笑顔の思い出/Pennel
  • 純情スマッシュ/雛咲葉
  • 俺と彼女の青い春/白鷺六羽
  • ママカツ!/安部マナブ
  • Again/海老名えび
  • 私だけの…。/キュリー
  • ふたり稽古/羽月ユウト
  • 蠱惑の里/内々けやき
  • アナルとオオカミ少年/火鳥

「別の顔」ざっくりあらすじ

快楽天ビースト 2019年04月号
快楽天ビースト 2019年04月号

お互い童貞と処女のまま20代半ばを過ぎた親友同士の主人公と美和が居酒屋で飲んでいる時に
「もういっそヤッちゃおうか!」「ヤリますか」
と話し、日を改めて迎えた初エッチの日の話。(素面)

プレイ内容/属性キーワード

  • 童貞
  • 処女
  • 親友
  • 初エッチ
  • 巨乳

ざっくりレビュー「幸せになるセックスって最高だよねと思える一作品」

シ チ ュ エ ー シ ョ ン が 良 す ぎ る ! !

居酒屋の回想(2コマ)の醸造感

まず冒頭の居酒屋で「もういっそヤッちゃおうか!」「ヤリますか」の回想シーン。
これが最高なんですね。

これお互い飲んでてちょっとほろ酔いな感じなんですけども、多分この瞬間はこの瞬間でめちゃくちゃドキドキするはずなんですよw

その時は美和に

「あ、でも今日はダメだ あの日で。今度改めて」

と言われて流れた後日。

美和の家に招かれて「今日は初Hするぞ」の日なんですよね。

酒飲んで頭がぼんやりしていても結構ドキドキするはずなんですけど、後日、素面になって家に行く(しかもエッチ目的)ってかなりドキドキしますよね。
この最初の数ページの前段が醸し出している雰囲気がとても良い。

親友のはじめて見る裸と初エッチの時の緊張感と

そして家でさあエッチという段階。

お互いに背を向けて脱ぎ合い、振り返ると裸の美和(巨乳)。
そして「・・・パンツまで脱いどくべき?」の台詞。

親友の女の子のおっぱいや下着姿を初めて見るワンシーン。控えめに言って最高じゃないですか。
服の上からなんとなく裸を想像することはあるかもしれませんが実物を見るのはまた全然意味合いが違いますからね。

この場のドキドキ感もたまらないのですけど、おっぱいとパンツにコマを割いて主人公の胸の高鳴りを表現しているのとてもいいです。
読み進めていているこっちもドキドキしてくるw

そして前戯、美和のパンツを下ろすと糸が引いている感じ、手マンをして主人公のパンツに染みが付いている感じの表現、見事です。

エッチ本番は親友ならではのラブイチャエッチ、そして初エッチだけど気持ちよくなってお互い盛り上がりそのまま絶頂、中出し。
初エッチとしては100点の内容なのではないでしょうか。

最初からエッチ終了まで最高すぎるのですけども、エッチ終了後のハートフルパートも素晴らしい内容でした。
エロの原点と言いますか、やっぱりお互いが気持ちよくなって幸せになるセックスって最高だよねと思える一作品。

ごちそうさまでした。

■作品リスト

■収録

(おまけ)人気エロマンガ・エロ同人ランキング

最後に現在のFANZA(DMM)エロマンガ・エロ同人ランキングを紹介。定期的に確認すると思わぬエロい掘り出し物があったり、割引キャンペーンをやっていることも。PCでもスマホでも見られるので、お好みのエロマンガを好きな時に好きな場所で見られます。
  有名エロ漫画家の単行本から、月間のエロマンガ冊子まで。すべてのジャンルを幅広く商品を揃えているのでエロマンガのことはここでほぼ満足できる可能性が高いです。私も重宝しています。
  エロサイトの広告で配信されている作品などやたらとエロい作品が集まっています。好きな作家さんを探して、その作者の作品を追ってみたり、表にあまり出てこないコアなジャンルを探ってみたりするのに便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です