せきえま

きづかかずき「サカってます」シリーズまとめ&感想【単行本「サカリまつり」発売】


「サカってます」連載×表紙まとめ

最初にシリーズまとめ。

「僕たち、サカってます」が「快楽天 2018年07月号」。
快楽天→快楽天ビーストという連載の流れもあるのね・・・

「僕たち、サカってます」(「快楽天 2018年07月号」収録)

快楽天 2018年07月号
快楽天 2018年07月号

弱小バスケ部の最後の試合「50点差で勝ったらおっぱいを揉ませる」という約束を取り付け、50点差で勝利し部員にもみくちゃにされるマネージャー・ありんちゃんの話。

腋舐めのプレイが地味に好きですw

「わたし、サカってます」(「快楽天ビースト 2019年02月号」収録)

快楽天ビースト 2019年02月号
快楽天ビースト 2019年02月号

部員にヤラれていたことを先生に見られていて先生とエッチする話。

単行本「サカリまつり」発売


サカリまつり

両話こちらに収録。

<収録作品>
メイド、お借りします!?
僕たち、サカってます
わたし、サカってます
おっぱいと芸術と
一回抱いてみ!?
せんせい、わたし…
ワンナイト・フラストレーション
極楽湯屋
STAND UP
セックス オフ ザ ビーチ

以下は「わたし、サカってます」を読んだ時の感想です。

きづかかずき「わたし、サカってます」感想

「快楽天ビースト 2019年02月号」を読みました。

快楽天ビーストは最近表紙の作家さんのバリエーションが広がっている気がしていて毎月表紙を見るたびに新鮮な感じがあります。

そして今月ピックアップしたい作品は表紙を飾る、きづかかずき先生「わたし、サカってます」。
「僕たち、サカってます」という作品の続きですね。

きづかかずき「わたし、サカってます」感想(「快楽天ビースト 2019年02月号」)

快楽天ビースト 2019年02月号
快楽天ビースト 2019年02月号

このド迫力おっぱい。

「快楽天ビースト 2019年02月号」収録作品

  • 乱れるライン/kanbe
  • わたし、サカってます/きづかかずき
  • おとなの責任/Cuvie
  • おまえの姉ちゃんで俺がやばい/オクモト悠太
  • インモラルの中ならば/れぐでく
  • 原田さんの女神ま○こ様/紅村かる
  • Secret Escalation/白鷺六羽
  • あったかLover/海老名えび
  • いじめられっ娘/さじぺん
  • 別れられない二人の関係/えぬはに
  • 蠱惑の里/内々けやき
  • 楓ちゃんの告白/にこびぃ
  • 羽化/ベコ太郎
  • 浦島子伝/奇仙

プレイ内容/属性キーワード

  • 巨乳
  • S(女のS)
  • 乳首責め
  • パイズリ
  • 騎乗位
  • 中出し

前回は部員にもみくちゃにされているものの今回は逆に攻め手に転じているのは面白いところw

ざっくりレビュー「連作で読んでありんちゃんの違いを比較してほしい作品」

これはぜひとも連作で読んでほしい作品。

単話でも楽しめるのですけども「僕たち、サカってます」と「わたし、サカってます」ではありんちゃんの形勢が全く変わるのでその差分を楽しんでほしい。

なんだかんだでヤラせてくれるありんちゃんが良い「僕たち、サカってます」

「なにかをちゃんとやったらおっぱいを触らせてほしい」というのは全ての男が一度は持ったことがある願望なのではないでしょうか。

それを体現して、巨乳マネージャーありんちゃんのおっぱいを触らせてもらえる(そしてそのままの流れでヤラせてもらえる)のが「僕たち、サカってます」。

勝てるはずもないであろう試合に見事勝ってありんちゃんのおっぱいがまくられるシーンは、今まで一緒に過ごしたであろう部員の気持ちになれば感動そのものという感じがして興奮度が高い。

みんなで一緒に触ったり舐めたりしている中、腋舐めをしだす部員がいるのも好きです。
(こういう人、部員が何人か集まったら一人はいそうですしw、この腋大好き部員の大田くんは最終的に腋コキ射精していますw)

そしてそのままなし崩し的にセックスなどの乱交になって滅茶苦茶になっている感じがとてもエロい。
これ、ありんちゃんが「ダメだって」とか言っている割にはちゃんとさせてくれるところが気持ちいいですよね。

興が乗って攻め側に転じる「わたし、サカってます」

そして今回の「わたし、サカってます」。

先生と1対1でエッチをすることになり、ありんちゃんのSっ気が目覚めていく話。

先生を縛り付けてありんちゃんが騎乗位になりながら色々攻めるわけなんですけども、とにかくその重力に乗ったおっぱいがポイント。
巨乳おっぱいを口元に差し出すシーンとか、騎乗位の時に腰を振って左右違う揺れ方をしているおっぱいとか、もうとにかくエロい。

男性M側視点で見た場合、個人的に最高のシーンは騎乗位の最中に差し込まれる乳首舐めのシーンでした。このアクセントは最高すぎる。

前作も本作も、ありんちゃんのエッチ属性が高く、なんだかんだで本人が楽しんでいそうな感じがあるのでスッキリと読むことができました。
ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です