せきえま

こめざわ「大切なファンの皆様へ」感想(「COMIC快楽天 2020年06月号」収録)


「COMIC快楽天 2020年06月号」を読みました。

今回、まっさきに印象に残ったのが、こめざわ先生「大切なファンの皆様へ」。

アイドルがAV転向を描くダーク作品。
アイドル時代とAV時代のコントラストが激しくエロく、推させていただきます。

こめざわ「大切なファンの皆様へ」感想(「COMIC快楽天 2020年06月号」)

COMIC快楽天 2020年06月号
COMIC快楽天 2020年06月号

「COMIC快楽天 2020年06月号」内容

「ガマンするほどキモイいーことなーんだ?」『ショコラ』に収録されている、ちょこちゃんを描いたHamaoの表紙が目印。
若くて切ないユースフル交尾を描いたきいを皮切りに、催●術にかかったAV女優の本気SEXを描いた2号連続登場のえーすけ、moggが描く肉欲渦巻くインモラルシリーズ「家庭×教師」の最終話などなど、こだわりエロス18作品!!
イチャラブからドヘンタイSEXまで、多彩なジャンルと実用度高めの王道エロマガジン!!

収録作品×登場人物

作品 登場人物
Hamao:快楽天20.06表紙
YUG:カリユグ 10
Hamao:chocolat de doux 真島幹、菓千代子
きい:カサブタ 九澄りこ、上地伊織、八仲菜緒
えーすけ:おしごとですもの! 後編 凛、石黒卓郎
亜美寿真:ななまん ラッシュ、ななまん
さくま司:めざめあい 栂崎愛衣、木崎陽杜
恥:おするばん ユータ
mogg:家庭×教師 Lesson4 家族 ありす、マリ
外山じごく:熱血オトメは止まらない! 姫宮、地走めぐる
Noise:るなてぃっく! 一条、本上
石川シスケ:セーラー服を着せないで みどり、ナオ、(マキ、あかね、さくら)
馬鈴薯:かえってきたアンラッキースケベ先生 西園寺早百合、東、(西園寺慶人)
スミヤ:ツメタイシグサ 難波、氷室
シャモナベ:潮風に吹かれたので 岬、爽
藍夜:好きな人 高宮、田渕
肋骨:からかいオフライン 犬吠、くら
飴沢狛:上手なペットのあやし方 りょーすけ、みい子
こめざわ:大切なファンの皆様へ 高咲りかこ(安井まこ)
ふらつ:Dr.小原の鬱憤 小原由実、山下
アシオミマサト:ガイド・イン・ラブ たける
位置原光Z:青春リビドー山 拉致三昧 矢野友輝
村田蓮爾:futuregraph #199

感想「アイドル時代とのギャップがダークでエロい」

ダーク!だがそれがいい。

あらすじ

アイドル時代の総選挙で前年の順位より落ちてしまったアイドル・高咲りかこ。
ハメ撮り写真の流出をきっかけに、1年半後「安井まこ」としてAVデビューする話。

デビュー作品「新しい私」の撮影が本作エッチシーンです。

アイドル時代とAV時代の表現の露骨さが良い

一番最初に少し順位が落ちた時の総選挙のシーンでアイドルの輝かしい時代(そして「来年は10位以内をーーー」というキラキラ感)を描き、次のページでワニマップ(ソ◯マップっぽいところ)でAVデビューのインタビューをにこやかにハイライトの消えた目で行っている一挙反転の表現がのっけからダークさを演出していてとても良い。

AVデビュー作がエロシーンの本番ですが、演出もなかなかで、アイドル時代の衣装をAV仕様にして際どくしたものを着ての撮影。

1ページ目の一番最初のアイドル時代の衣装とAVの衣装を見比べるとその露骨さが見事で、コスプレ風俗店のような際どい衣装なっており名前もコントラストのような「高咲」から「安井」の高→安への変更。

本人の意図とは関係なくAVに行ってしまったという感じがバンバン出ています。

撮影構成は以下の通り。

  • インタビュー(オナニーの回数、オナニーの仕方)
  • 着衣胸開帳
  • 手マン絶頂
  • フェラ
  • 生挿入〜トロ顔Wピース中出し

最初のデビュー作品で中出しデビューというのはなかなかハードw

アイドル時代の映像を頭に焼き付けて読み進めると大変捗る

最初のシーンで穢れを知らないアイドルとしてのキラキラ表情を見ているので、同じ衣装・髪型でセックスの時のトロ顔表情を見れるのはとても良いです。

流されやすい性格なのか、AV撮影しながらも男優の言葉を真に受け、みんなが喜んでくれるならいいかな、売れるといいな、といった思考になって、アイドル衣装を着衣しながらの中出し絶頂トロ顔Wピース。
気持ちよさと堕ちが混濁しているエロ表情でした。

最後に匿名掲示板に「泣きながらシコったヲタwww」という書き込みが見えるんですけども、いや、たしかにアイドルとしての終わりはあるんですけども使えるんですよねえw

そして皮肉なことに、アイドル時代には総選挙で10位以内にすらなれなかったのに、このデビュー作ではいきなり1位というのもダークな結果に。

本人が本当に望んだ形ではないものの流され流され、快楽的にも堕ち、売上という結果は付いてきているのでもんやり感はあるものの胸糞感は少なく、バランス良く、読みやすかったです。

最初のアイドル時代の映像を頭に焼き付けて読み進めると大変捗る一冊でした。

ごちそうさまでした。

■作品リスト

■収録