せきえま

きい「日陰の詩」(「快楽天 2018年04月号」より)二人が体を重ねるシーンの色の変化が面白い


毎回新刊の冊子が出る度に、どの作品の感想を書こうか迷うものの、今回の快楽天は特に迷いましたw

そんな中、最初はきい先生「日陰の詩」。
作中にもちょっと出てきますが過去作品(?)の女の子のユニット「832Rocket」も登場するところは必見です。

「快楽天 2018年04月号」収録:きい「日陰の詩」

快楽天 2018年04月号
快楽天 2018年04月号

「快楽天 2018年04月号」収録作品

  • きい:表紙
  • 松河:変わる景色
  • 雛原えみ:ふたりごもり
  • きい:日陰の詩
  • Beなんとか:夢はお姉さん系ヤンキー
  • いちまつ:蠱惑の網
  • 秋:罰ゲーマー
  • 藍夜:賭け違えた末に
  • ももこ:休日の過ごし方
  • ユズハ:ひなた、今日から勉強します
  • さめまんま:ぽっちゃり♡ダイエット計画!
  • かるま龍狼:受験が終わったらやりたい事
  • 位置原光Z:青春リビドー山
  • もず:羞恥旅行
  • えーすけ:最終電車
  • kanbe:茂みの囀り
  • 翁賀馬乃助:ワンコインがーる♡
  • SAVAN:未熟の果実
  • こっぽり生ビール:水間さん
  • 西安:家出娘の巣
  • ハードボイルドよし子:悪女
  • 本領はなる:だって好きだから
  • いとうえい:彼氏がデニールをデシテックスと訂正する
  • YUG:こうそくいはん

「日陰の詩」ざっくりあらすじ

快楽天 2018年04月号
快楽天 2018年04月号

一条ひなたちゃん。

永吉が友達との罰ゲームでクラスで地味な女の子「日陰ちゃん」こと、一条ひなたちゃんに「マ○コ舐めさせてください」と言って何故かOKをもらうという話。

プレイ内容/属性キーワード

  • 女子校生
  • クンニ(部屋)
  • フェラ(学校のトイレ)
  • エッチ
  • 黒髪
  • 地味子(実は可愛い)

ざっくりレビュー「二人が体を重ねるシーンの色の変化が面白い」

地味だけど、実はかわいい、いいですよね。(実際かわいい)

まず個人的にズンズンと来たのが制服ですよね。
この学校の制服が黒基調の制服でタイツ。全身真っ黒な感じのもの。
そしてこの話の導入が「マ○コ舐めさせてください」なので、最初はクンニなわけです。

ひなたちゃんが「寒いから下脱ぐだけでいいですか?」と言ってタイツとパンツを下ろし、クンニをするのですが、この黒基調の制服と、白い太ももとのコントラストがすごくエロい。
別シーンでは更にタイツは履いて(ちょっとずらして)クンニしているというシーンもあり、色によってフェチ心をズンズンとついてくる感じです。
段々と打ち解けてきて最後に素っ裸になってHもしますが、こうした二人が体を重ねるシーンの色の変化を見ていくのもなかなかおもしろいもの。

さて、ラストシーン、永吉の「どうしてあの時OKしたの?」との問いに、ひなたちゃんが回想するシーンがあるわけですが、これ、作品の冒頭を二度見しましたw
エロマンガを読んでいると、肝心なところに目がいっていないというか、こういうの見逃すものだなあと。
こういうトリックも面白い作品。(私だけ?w)

追記:単行本「群青ノイズ」電子書籍化!


群青ノイズ

ついに電子書籍になりました!

■収録

■作品リスト

次:kanbe「茂みの囀り」(「快楽天 2018年04月号」より)狂気のあるエロさ。

(おまけ)人気エロマンガ・エロ同人ランキング

最後に現在のDMMエロマンガ・エロ同人ランキングを紹介。定期的に確認すると思わぬエロい掘り出し物があったり、割引キャンペーンをやっていることも。PCでもスマホでも見られるので、お好みのエロマンガを好きな時に好きな場所で見られます。
  有名エロ漫画家の単行本から、月間のエロマンガ冊子まで。すべてのジャンルを幅広く商品を揃えているのでエロマンガのことはここでほぼ満足できる可能性が高いです。私も重宝しています。
  エロサイトの広告で配信されている作品などやたらとエロい作品が集まっています。好きな作家さんを探して、その作者の作品を追ってみたり、表にあまり出てこないコアなジャンルを探ってみたりするのに便利。

3 comments for “きい「日陰の詩」(「快楽天 2018年04月号」より)二人が体を重ねるシーンの色の変化が面白い

  1. ゆぃしー
    at

    はじめまして、自分もこの作品とても良く感じました。何処にでも居そうな雰囲気なので・・

    • せきえま
      at

      はじめまして、コメントありがとうございます。
      わかります、このどこにでも居そうな感じがリアル感といいますか、作品に没入できる感じありますよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です