せきえま

はがーの視聴覚室「いろんな女の子のいろんなエッチを切り取ったマンガ01」感想


最近はTwitterを普通に眺めているだけでも、ソフトなのとハードなの含めエロい絵って流れてきますよね。

ちょっと前(2019年8月)に印象的だったのがこちら。

このエロ表現いいなというのが印象に残っていたのですが、本日、Twitterを眺めていたらこちらのはがーさん(@hagger_pixiv)のTwitterにアップしたマンガのまとめ本が出ているということを知ったので購入。

エロいし、面白い。

はがーの視聴覚室「いろんな女の子のいろんなエッチを切り取ったマンガ01」


いろんな女の子のいろんなエッチを切り取ったマンガ01

内容

2018~2019年にTwitterにアップしたマンガのまとめ本です。
身近にいそうな、いろんな女の子の様々なエッチな生活を切り取ったような短篇集です。
・表紙・あとがきなど含めて100ページ
・追加ページ描き下ろし
「正直者のマンガ」
(グレーのパンツが染みる娘)
「ハロウィンで発見しちゃった陸上部ちゃん」
・複数ページ加筆と修正
・スマホで見られるpdfファイル同梱

プレイ内容/属性キーワード

日常
オナニー
おしっこ
セックス

感想「日常とエッチ時のギャップのエロさが良い」

エロの日常系作品な気がしている。

長編にはないTwitter系の短編で表現する余白の持たせ方が良い

Twitterにアップしたマンガのまとめなので短編集。

短編なので数ページで一つの話が完了するのですが、これが面白いもので、エロいんですよね(後述しますが好きなエロ作品は2ページ構成)。

日常とエッチの時の表情の差分(「昼と夜で立場が違う娘」「昼と夜で言葉遣いが違う女の子」)や、女子のおもらし性癖を描く作品(「恋する後輩」「帰り道」)など、

「世間で普通に生きている人の中にこういう人いるかもしれない」「普通の人でもこんなエッチな裏側があるかもしれない」

と思わされてしまう、リアルとの距離の近さが作品の魅力でしょう。

特に登場人物の女子は普段淫乱というわけでもない一般人なんですけども自分の性癖をそれぞれ持っていて、オナニーもする、というのが良い。
日常と日常の裏側を覗けてしまうような感覚になるのが◎。

正直各種オナニーシーンでも十分に使えると思う。

推しマンガ

意外性の面白要素を含んだ作品で言うとベランダから向かいの住まいに住んでいる男の子のオナニーを覗きながらオナニーをする女性の話「ベランダのマンガ」が推し。

特定の時間にベランダから異性のオナニーが見えてしまってタバコを吸うというのを装いながらオナニーして・・・というのが5話続いて最後に「なるほど!」と唸ってしまう展開がとても良い。

エロさで言うと「昼と夜で言葉遣いが違う女の子」
2ページ構成の1ページ目2コマの上下(日常とエッチ時)のギャップがすんごいエロくてよかったです。
ごちそうさまでした。

■収録

 
■作品リスト