せきえま

リンゴヤ「休日シリーズ総集編I」感想


原作の方を見たことがあったというのもあるのですが、サンプル読んだらエロみが強かったので購入。
とても良かった。

リンゴヤ「休日シリーズ総集編I」

休日シリーズ総集編I
休日シリーズ総集編I

内容

今まで出した休日シリーズ7作品をまとめた総集編です。

◆収録内容
・高海の休日
・高海の休日-2日目-
・渡辺の休日
・渡辺の休日-episode of Tsuki-
・松浦の休日
・小原の休日
・津島の休日

描き下ろし漫画で渡辺の休日-episode of Tsuki-2日目を34p収録
いつくかの加筆修正とラフイラストも加えています。

感想「スクールアイドルと彼氏のイチャイチャ休日セックス」

過去作7作品収録。総集編245ページ。
スクールアイドルと彼氏の休日セックスから「◯◯の休日」というシリーズ名になっています。
彼氏との初めてのセックスではなく、既にセックスはしていてその延長線上の休日。イチャ。

彼氏は描かれるものの目を描いてないのであくまでヒロインの可愛さに目を向けられるのも推し。
中出しセックス。

推しシーン

収録作品と感想概要です。

作品 感想(概要)
高海の休日 恥ずかしがるけどノッてくるとノリノリになる高海が高海っぽい。
高海の休日-2日目- お家のお風呂ックス。身体で洗う。からの部屋、お布団セックス。
渡○の休日 曜ちゃんのえっちしたさはあるんだけど彼氏の言い分を尊重するという体裁を求めるようなエッチに入るときの言葉回し、最高。
渡○の休日-episode of Tsuki- おうちセックス。月を知らなかったのですが劇場版に出てたのですね・・・(劇場版未視聴)
松浦の休日 他の子に比べると若干攻めっけあり。余裕の有り様が強いのも特長あって良い。
小原の休日 メイド服っぽいやつ。ソフトSっぽい攻めプレイ。小原がM。首輪、おもちゃ、イラマ。小原にちょっと「癖」がありそうなのわかるなあw
津島の休日 もともと作ってるキャラが強いので彼氏と一緒のところの素の姿が見えるギャップが良い。自分だけにしか見せないその姿。かわいい。
描き下ろし 月とのラブホセックス

各々の日常のエッチなんだけどちょっとした瞬間にしたくなっちゃう雰囲気が最高。(一部もう「する」と決めている作品もあり)
年相応っぽいウブな反応がところどころにあるのでまた良く、各キャラの反応も個人的には原作イメージ通りでニコニコしちゃいました。

本シリーズでプッシュしたい大好き描写が、エッチするまでのヒロインの台詞回しがすこし遠回しなところ。
えっちをしたいとなった時にたださせてくれるんじゃなくて、「どれくらいしたい?」(渡○の休日)と確認したりとか、えっちしたいのに「まだえっちな気分だったりする?」(高海の休日)とか。この言葉回しとてもいいですよね。恥じらいと品があるw

どう転んでも絶対にさせてくれるんだけどワンクッション置くことでドキドキを増しているし、それでいて一回セックスすると気持ちよくなって表情が蕩けているのがエロい。

どれも素晴らしい実用性なのですが、個人的な推しは「渡○の休日」。

前述の言葉回しに始まり、自宅での競泳水着セックス。最初の絶頂時にちらっと胸を水着からはだけさすだけの演出。天才か。
段階的に脱げていき、自宅滅茶ックスなので実用性は特に高いように感じました。

ごちそうさまでした。ありがとうございました。

作品

シリーズ最新作「黒澤の休日」

シリーズ作品なのでまだ続きます。
最新作は「黒澤の休日」。


※記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部が「せきえま」に還元されることがあります。(詳細