せきえま

坂上海「私は園児になりたい。」シリーズまとめ〜感想【最新話 「私は園児になりたい。 ひよこぐみ編」】


「私は園児になりたい。」連載×表紙まとめ

続編出た!

「私は園児になりたい。」

私は園児になりたい。
私は園児になりたい。

信一は、妻が2人目の出産で入院しているため、朝晩に息子のコウジを保育園に送迎していた。コウジはいちご先生に会えるのが嬉しいという。この日信一は残業で遅れてしまい、夜に保育園に着いた。遅刻して謝罪する信一に、いちご先生は夕飯を作って待っていてくれた。食事後、いちご先生は信一に、おゆうぎをしないかと提案してくる。

「私は園児になりたい。 ひよこぐみ編」

私は園児になりたい。 ひよこぐみ編
私は園児になりたい。 ひよこぐみ編

アイちゃんは幼児のオシッコ介助が苦手だ。きっと子供時代の間違いを認めない躾けがチンチンに対する緊張を育んでしまったに違いない。信一パパが幼児になってオムツ換えの練習台になってくれる。固くなったチ○ポを舐めたり吸ったりして、心に余裕が生まれていく。アイちゃん先生は信一パパの肉棒を受け入れ、跨って腰を振ってみたりして、先生同士も父兄も揃ってハメ慣れていくのだった。

新キャラ・門戸藍(アイちゃん)との絡み、3P、褐色と白肌のコントラストが素晴らしい。エッチ。

以下は「私は園児になりたい。」を読んだ時の感想です。

坂上海「私は園児になりたい。」感想

「コミックホットミルク 2019年07月号」を読みました。

好きな作品も結構多かったのですが、もう今回に関して言うとピックアップするのはこれしかないとw

坂上海先生「私は園児になりたい。」

もうタイトルだけで大勝利じゃないですかw 

そしてタイトルだけでなくエッチな良作でした。

「コミックホットミルク 2019年07月号」収録:坂上海「私は園児になりたい。」

コミックホットミルク 2019年07月号
コミックホットミルク 2019年07月号

表紙好き。

(内容)

アナタのオナニー応援しちゃう ハイシコリティMAX号!

(収録作品)
★COVER ILLUST

  • キチロク

★COLOR

  • [Morpho]牛野缶詰>>教授に手懐けられた巨乳教え子

★ORIGINAL COMIC LINEUP

  • [村又さんの秘密]井雲くす>>エロい先輩から嬉しい誕生日プレゼント
  • [立てば芍薬座れば牡丹濡れる姿は毛氈苔]たにし>>爆乳生徒会長とショタ後輩の初交尾
  • [文豪に猫]水平線>>官能小説家の先生をお手伝いするJK
  • [ハレムスパイラル6]宇場義行>>そこではありとあらゆるSEXを楽しめる
  • [母性天使マザカルカノン]1億年惑星
  • [LOVE色ぷち穴3]田辺京>>委員長系貧乳サキュバスが登場
  • [私は園児になりたい。]坂上海>>反則級にドスケベな保育士さん
  • [はなちゃんねる2]蛹虎次郎>>遊園地で次々と変態SEX
  • [without you 後編]おなぱん>>教師と教え子禁断愛の行方は
  • [ゲノム]古賀亮一

単話(無料サンプルあり)

信一は、妻が2人目の出産で入院しているため、朝晩に息子のコウジを保育園に送迎していた。コウジはいちご先生に会えるのが嬉しいという。この日信一は残業で遅れてしまい、夜に保育園に着いた。遅刻して謝罪する信一に、いちご先生は夕飯を作って待っていてくれた。食事後、いちご先生は信一に、おゆうぎをしないかと提案してくる。

このいちご先生が既にエロい。

プレイ内容

  • 保母さん
  • 幼児プレイ
  • ギャル
  • 巨乳
  • フェラ
  • パイズリ
  • 中出し

ざっくりレビュー「ギャル×幼児プレイ」

こういうちょっとひとつネジが飛んでる作品すごくいいw

いちご先生の表情と肉体のエロス

いちご先生のエロさが際立っていますよね。

黒肌の先生なのでギャルなのかなと思うのですけど、そこまでギャル色もヤリマン色も強いわけではないんですよ。(髪の色とか下着とかはややギャルっぽさがある)

ただ、表紙を見てもらうと分かる通り、扇情的な表情がエロいですし、作中でパンツが見えている時のムチムチの尻とか、フェラしている時の唇とか、フェラ後に軽く掌でチンポをいなしているところとか熟練のエロさがあります。
そしておっぱいもでかい。

保母さんということなのでギャルギャルさが中和されているものの、かなり熟練の女性とお見受けしました。

幼児プレイという高度な精神戦

本作のタイトルが「私は園児になりたい。」なので、もう幼児プレイになるのはわかっているんですけども、主人公の信一は比較的真面目な父親で、別に幼児プレイとかが好きとかでもないんですよね。

だから最初にいちご先生に「おゆうぎしませんかぁ?」と言われてもキョトンとしていますし、最初に四つん這いになったときも「あの・・・ほんとにやるんですか?」と戸惑い気味。

ところが、いちご先生が先頭に立って尻を見せたり、「ハイハイお上手にできるかなぁ?」(パンツ見える)と誘ったりというところから興が乗ってきます。
(このへんの信一のバカ乗りも結構好きですw)

さて、そこからのご褒美のキス、フェラ・・・以降の流れはお手の物。

いちご先生自体のエッチさはそれはそれであるんですけども、あくまでここは幼児プレイなので、いちご先生が子供に話しかけるような口調でプレイが進んでいき、最後の射精直前のピストンの時にも「おゆうぎ」として「いちに、いちに」と手を叩きながら腰を振らせるのはとても優秀。

幼児プレイってよっぽど割り切っている人でない限りなかなかできないと思うんですけどw、最後まできちんとやりきる、そして受け手を安心させる、といういちご先生の真髄を見た感じがします。

いい大人が幼児プレイを楽しめる心地の良い良作。
ごちそうさまでした。

■収録

■単話