せきえま

宇場義行「ハレムスパイラル」シリーズまとめ【単行本・電子書籍販売】〜感想


宇場義行先生の「ハレムスパイラル」、連載のまとめ。

あらためて1話から読み直してみたんですけど、めっちゃエロいですね!

単行本「ハレムスパイラル」発売

ハレムスパイラル
ハレムスパイラル

単行本も発売。電子書籍と紙書籍同時販売。

【止められるか? 性の渦】 最初は、ただの林間学校のはずだった――くじ引きで選ばれた、女6人と男1人。あるルールが原因で徐々に関係が崩壊していく……7人は欲望の渦に巻き込まれていく。 3P・4P・野外・アナル、快楽で箍がはずれたJKたちの性欲はとどまる所を知らない 文系エロ漫画家 宇場義行が初の長編作に挑む
<収録作品>
ハレムスパイラル 第1話〜第5話、最終話
星を見る・木々の音
新嘗さんの優雅なお仕事
ぶろーくんぼーだー

「ハレムスパイラル」連載×表紙まとめ

単話のまとめです。

ハレムスパイラル 1話


ハレムスパイラル

毎年恒例、林間学校の班分けクジ引きが行われた。女4人に小林一人が男という本当に正しく行われたのか、疑いたくなる結果となった。さぁ話し合いしようとかなんとか、放課後、呼び出されて小林は、宮本と来栖の餌食になってしまう。すかさず跨がられてしゃぶられ、チ○ポ想像以上にデカい…と驚かれ、教師に見つかりそうになりながら ハメハメ合戦が開始されるのだ。

ハレムスパイラル 2話

ハレムスパイラル 2
ハレムスパイラル 2

女生徒に覗きを見付かってしまった小林は、猪狩さんに拉致られたけど、逃げ遅れてロツカーに隠れてる。濃密な空間に二人、チ○ポを乳房に挟まれ、口唇に吸われ、窮屈だけど折り重なってチ○ポ挿入。ひとだんらくしたと思ったら、おとなしい新川さんに、遠慮なさらないで…とマンズリしながら見詰められて、そりゃもうガチハメます。

ハレムスパイラル 3話

ハレムスパイラル 3
ハレムスパイラル 3

小林くんを皆で捕まえて、交代でハメてる。鵜飼も猪狩も合体して、石川さんと来栖さんにも射精させられ、うぅ、助けて…とすがっても、弱音を吐くな、まだできるだろ…と乗っかられ、ザーメン射精を搾られる。ほら勃起してきた、次は誰の番…とマン壺に食い締めてくる。奥へ、遠慮なく奥へ…と肉茎は果てしなく摩擦され、アナル性交だって断れない。

ハレムスパイラル 4話

ハレムスパイラル 4
ハレムスパイラル 4

クジに当たったため、女子生徒が行く林間学校の雑用係に選ばれた小林学。だがその実態は雑用係などではなく、女子生徒たちの性奴隷だった。廃人になることもあると噂される林間学校に行く前から、女子生徒たちに囲まれ何度も精子を絞りとられる小林だが、現地の肝試しで、以前から思いを寄せていた火田あきらと2人になると…。

ハレムスパイラル 5話(前編)

ハレムスパイラル 5
ハレムスパイラル 5

雑用係という建前で女生徒たちの林間学校に参加した小林学は、彼女たちの性奴隷にさせられていた。肝試しの夜、思いを寄せていた火田あきらとセックスしたのち、小林は火田から彼女たちに壊される前に壊せとアドバイスされる。小林は翌朝、シャワー室に連れ込んだ猪狩尚子に盗撮動画を見せて脅し、アナル責めで陥落させる。

ハレムスパイラル 5話(後編)

ハレムスパイラル 6
ハレムスパイラル 6

雑用係という名目で女生徒たちの林間学校に加わった小林学は、彼女たちの性奴隷にさせられていた。だが火田からこのままでは廃人にさせられるから、その前に彼女たちを壊せとアドバイスされ、言われた通りに猪狩らをアナル責めで屈服させる。その現場を目撃した宮元も、小林の忠実な下僕となった猪狩らに手足を縛られ、犯されてしまう。

最終話。
乱交カーニバルという感じでやっぱりエロい。

プレイ内容/属性キーワード

  • 女子校生
  • 巨乳
  • 複数人プレイ
  • ハーレム
  • アナル
  • 中出し
  • 褐色

とにかくいろんな女の子ととっかえひっかえヤるのでなにかしら好きなシーンはあるはずw

ざっくりレビュー「万能感のある連載」

良いなと思ったのは3点。

おっぱいの張りがえっち

まずはここですよね。

おっぱいのハリがあるのが特徴。もう立派でエロい。

制服の乳袋も見事なものなのですけども、脱いでもすごい。
型くずれしなそうな、揉みしだきたくなるおっぱい。

激しいセックス描写

「ハレムスパイラル」というタイトル通り、女子のグループに男子が一人で入って・・・というハーレム展開。

ハーレム展開なのですけども、1〜3話はとにかく女子から責められまくって精根尽き果てるまで搾り取られるというもの。

ハーレムになって、エッチもできるというのはシチュエーションとして最高かと思うのですが、そこを凌駕するような「実際にこんなことがあったら体が保たない」というレベルまで吸い取られます(残虐な描写はなし)。

ただセックスの気持ちよさの一つとして「めちゃくちゃヤる」というのがあるのでそのヤりまくる気持ちよさが如何なく発揮されています。

責められ視点と責め視点とで楽しめる

面白いのが話を通じて視点の展開が変化すること。

1〜3話は女子にされるがままにされてしまい、4話冒頭ではトラウマになるレベルの状況。

そして4話は和姦。

・・・そして5話で逆転。
自分を好き放題にしていた女子に責めていきます。

この展開が面白いんですよね。

私の好きなシーンはその5話、猪狩さんがお尻を叩かれながら絶頂を迎えるシーンです。
強い女の子が情けない感じになってしまうのがとても良い。

連載を通して読むといろんな女の子とできる、エッチのパターンもたくさん、責められ側と責め側の視点で楽しめる。
ハーレム漫画の豪華詰め合わせパックって感じです。

次回最終回とのことなので次回も素敵なセックスを楽しみに待ちたいと思います。
ごちそうさまでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です