せきえま

DATE「同居する粘液」シリーズまとめ【最新話 「同居する粘液 第7話」】


「同居する粘液」連載×表紙まとめ

前編、中編・・・から3話になっているので途中から長期連載が決まったんでしょうか。

「同居する粘液 前編」

同居する粘液 前編
同居する粘液 前編

「同居する粘液 中編」

同居する粘液 中編
同居する粘液 中編

「同居する粘液 第3話」

同居する粘液 第3話
同居する粘液 第3話

「同居する粘液 第4話」

同居する粘液 第4話
同居する粘液 第4話

「同居する粘液 第5話」

同居する粘液 第5話
同居する粘液 第5話

「同居する粘液 第6話」

同居する粘液 第6話
同居する粘液 第6話

「同居する粘液 第7話」

同居する粘液 第7話
同居する粘液 第7話

以下は「同居する粘液 第1話」を読んだ時の感想です。

同居する粘液・感想

FANZAのさんぽを趣味としているのですが時としてさんぽをしていると異世界のようなジャンルに引き込まれることがある。

今回気になったのは「同居する粘液」。
「コミックアンリアル」で連載されている作品。

「コミックアンリアル」のコンセプトが

「非現実系美少女H漫画誌」「不思議系美少女コミック誌」
コミックアンリアル – Wikipedia

とのことなので、この世界観の不思議さ、SFっぽさはストレートなエロとはまた違うものの、作品の深みがあります。

DATE「同居する粘液」


同居する粘液

内容

他者変身自在のスライム娘と不思議な同居生活!? フリーター暮らしの青年ユージは、偶然出会った言葉を話す粘液生物に気に入られ、部屋に居着かれてしまう。バイト先のコンビニで年下の美少女に叱られ落ち込んだまま帰宅した青年を出迎えたのは、近所の美人女子大生だった。驚くユージの前で身体を溶かして粘液に戻った生物は、バイト先の美少女に変身して言葉や仕草も真似をしながら青年に迫り――。

前編を読んだ限りだと「娘」なのかどうかもわからないw

プレイ内容/属性キーワード

  • スライム
  • ファンタジー
  • 女子大生
  • 巨乳
  • 足コキ
  • 中出し

※「スライム娘」とあらすじにありますが基本的には人間の女性(の状態をして)エッチをしますので完全な異型の話ではないですw

感想「異型要素をうまく取り込んだエッチシーンの描写」

まずはサンプルを読んで欲しいw

これ「自分がこの状況に陥ったらどういう対応するかな、エッチできるのかな?」と考えながら読んでいくと、エロ以外にも面白いものがあるw

同居しているスライムが返信する女子大生とエッチ

主人公のユージが3ヶ月前に道端で得体の知れないスライムに捕まってからなぜか一緒に住むことになっている状態。

もう見た目完全にスライムなんですけども、このスライムが特殊で人間の姿に変化できるという能力を持っています。

近所に住んでいる近所の若妻、よく行くファミレスの店員、おっとり巨乳美人女子大生、バイト先の性格キツめの美人後輩・高宮さんに変身したりできる。
そして、エッチを迫ってくる。

姿だけでなく匂いや声、感触・性格なども完全にコピーしているので、やっぱり目の前に迫られるとやりたくなってしまうんだろうなというリアルさ。

最初は見た目本当にデロデロのスライムなので変身して完全に人間の姿形になったとしても「これ、できるのかな?」と一瞬考えてしまいますが、これだけ完コピされたらできますね(断言)

高宮さんとのプレイだけでなく異型感触も表現しているのが◎

最初の話はバイト先のキツめの性格の高宮さんに変身して足コキ、パンツ履きっぱなし顔面尻乗せプレイからの手コキ。

性格キツめという点をきちんと似せてのプレイ展開がなかなか凝っています。やるなこのスライム。

人間に変身しただけならただの人間とのプレイなんですけども、面白いのは挿入している時に「急に締め付けがネットリと包まれる感じに・・・」とユージが考えているようにちゃんと異型間のセックス表現もあるんですよね。
スライムとセックスした人は多分世の中にあまりいないと思うのでw、実際の感覚がどんな感覚なのかわからないですが「包まれるような感覚」というのはイメージできます。

人間の女性としているという精神的な感覚と、スライムの包まれるような気持ちよさという肉体的な感覚とが入り混じってかなり新しいエロさを体現できている作品なのではないかと思います。すごいw

本作、続編があるのですが、翌日バイト先に行ったら高宮さんがスライムと同じ口調で喋りかけてくる・・・というところで次回に続きます。
エロ以外にも謎や面白みを含ませておくのすごく良いです。

現在進行系で連載中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です