せきえま

クリムゾン「気が強い女子アナウンサーが屈辱に耐えられなくなるまで レズ苛め編」感想


サークル・クリムゾンさんのシリーズ作品「気が強い女子アナウンサーが屈辱に耐えられなくなるまで レズ苛め編」を読みました。

「レズ苛め編」とあるように今回は女同士のやりあい。

クリムゾン「気が強い女子アナウンサーが屈辱に耐えられなくなるまで レズ苛め編」


気が強い女子アナウンサーが屈辱に耐えられなくなるまで レズ苛め編

内容

宇佐美みく
某テレビ局の新人アナウンサーで愛称は『うさみみちゃん』
生意気そうな童顔と女子アナとしては豊かな胸で
特に男性ファンを中心に多くの注目を集め
入社1年目にしてすでにアイドル的な人気を獲得していた

その天性の可愛らしさに加え、あざとさも使いこなす彼女は上役の関係者にも人気絶大だったが
その反面、意にそぐわない事に対してははっきりと意見するタイプで、現場スタッフや
同僚、特に同局の先輩アナ『加賀園子』とは性格が合わず、先輩からの嫉妬も相混じって2人の
関係は最悪なものになっていた。

そんなある日、会食の予定で局を出ようとする宇佐美みくを加賀園子が呼び出し……。
椅子に縛り付け、身動きできない状態で乳首に媚薬クリームを塗られじっくりと胸を責められる。

媚薬の効果もあり、限界まで感度を高められたカラダは乳首を責められるだけでイク身体になってしまい
加賀園子のオモチャにされてしまい…。

ボイスコミック(CV:佳苗るか)もあります

登場人物

  • 宇佐美みく
  • 加賀園子
  • 園子の取り巻き(2人)

感想「執拗、そして丹念な乳首責めがエロい」

本作は続き物の第1話。

局アナの宇佐美みくが1年目にして局のアイドル的な存在になりつつも、その気の強さから先輩とも容赦なくぶつかり、先輩アナの加賀園子に呼び出され嫌がらせを受ける話。

「嫌がらせ」といっても裏で衣装を破いたりとか、物を隠したりとかそういった嫌がらせではなく、会食前に呼び出して取り巻きに椅子に縛り付けさせ、媚薬を塗りつけるというものです。

一般的な陰湿ないじめと違うものの、プレイの方はひたすら焦らしプレイ。
最初は乳首に媚薬クリームを塗り、乳首そのものへの刺激をしないという徹底っぷり。
読んでいる方が「もう触ってあげて!」となる執拗さ。

そしてずっとずっと焦らされた上での乳首責め。
長時間ひたすら焦らされていたので軽く触れているだけなのに電流が流れるかのごとく快感を与えるというもの。乳首を園子の指で上げたり下げたりして細かに弄っているシーンが淫猥です。

本作は執拗に乳首責め。

  • 乳首に媚薬を塗りたくり周辺焦らしプレイ〜乳首攻め
  • (取り巻きによる)両乳首舐め+耳舐め
  • 性器媚薬塗り〜乳首責め

最後には性器に媚薬を塗りこんで、全身敏感になったところの乳首責め(〜乳首イキ)。

ずっと乳首を触られているので、読んでいる側もモゾモゾして来ること間違いなしです(私はモゾモゾしながら読んでました)。

乳首にアソコに、媚薬を塗りたくられ、身体のあちこちを敏感にさせられたうさみみちゃん。
最後に超強力な媚薬カプセルを仕込まれ、そのままセクハラおじさん・鬼瓦さんとの会食へ・・・と次回へ続きます。

■作品

うさみみちゃんがヒロインの「女体操作スマートフォン 女子アナ編」もおすすめ!!

女体操作スマートフォン 女子アナ編
女体操作スマートフォン 女子アナ編

本作「気が強い女子アナウンサーが屈辱に耐えられなくなるまで レズ苛め編」だけ読んでも十分に面白いんですけども、ヒロイン・うさみみちゃんの登場する「女体操作スマートフォン 女子アナ編」も併せて読むと面白いです!
(「気が強い女子アナウンサーが・・・」だけでもストーリーは理解できます)

当時(女子大生のお天気お姉さん時代)の話を読むと別にただ生意気なだけの女の子ではないということがより理解でき、深堀りができるので本当におすすめです。
やられヒロインではあるけど、この子すごいなってなりますw

「女体操作スマートフォン 女子アナ編」でも紆余曲折あったわけですけども、「気が強い女子アナウンサーが」はそこから数年後と思われる話。

一人の人物史として読むと、ここまで来たんだなあ・・・とエロ以外の部分でもちょっと感慨深いものがあります。オススメです。

■作品