せきえま

あきのそら「すりぃぷらぁにんぐ」感想(「COMIC X-EROS #80」収録)


「COMIC X-EROS #80」の前半を読みました。

最近登場人物の名前を全部メモするということにチャレンジしているのですけども、ゼロスのようにボリュームが多いとまず取り組む前から尻込みしてしまうという感じがありました。

ただ、思ったのですけども、全体を1/3くらいに分割して、最初の1/3を読んだら感想を書く、次の2/3を読んだら感想を書く・・・と進めていくと感想を書ける量も増えますし楽しみ方も細切れにできるのではないかと思った次第。

ということで今回は前半1/3くらいを読んで好きだった、あきのそら先生の「すりぃぷらぁにんぐ」の感想。
前回のゼロスからの続き・後編ですね。

あきのそら「すりぃぷらぁにんぐ」感想(「COMIC X-EROS #80」)

COMIC X-EROS #80
COMIC X-EROS #80

「COMIC X-EROS #80」内容

リニューアル特大号第二弾! 駄菓子が描く、変態オンナ上司が目印!!
貞操観念ぶち壊す特盛64ページの焼きトマト「田舎に暮らそう」、兄妹水入らずで繋がる睡眠FUCK作、あきのそら「すりぃぷらぁにんぐ」他、30ページ超えの作品も多数あり。
あなたのハマるシュチュエーションがきっとある!実用性重視のエロマガジン♪

収録作品×登場人物

※空白は順次記載。

作者×作品 登場人物
新姦〜マネージャーのお仕事〜/nohito
性極悪説/さもずも融
いつもの通勤路/駄菓子 佐久間剛史、溝口
すりぃぷらぁにんぐ/あきのそら 夏鈴
発情ホームタウン/軽部ぐり コージ、石田琴音、(清子、光穂、トモエ)
ベストカップルコンテスト/ぐりえるも 佐々木洋介、稲本美羽、尾野田敬悟、杉谷美乃里、宮坂結衣、栗原敦史、赤井絵里
田舎に暮らそう!/焼きトマト 柚木奈々、白河由紀、佐野麻里、丸山人志、細木実、佐藤明、斎藤仁太、かおりん先生、(真白春奈)
夏のマモノ/flanvia 外山、キャプテン、夏の魔物、(穂村)
むいちゃいました!/右脳 森影ナオ、冨山涼、瞳先輩
ナースな彼女の××管理/いづれ 山久保シンゴ、塚原みゆり、(加奈子)
先生の事情 アーリーデイズ/ミナギリ 新見、長瀬
北條雅美の多淫なる日常/ヨシラギ 北條雅美、風間小太郎
RE:夏休み/KANZUME ママ先生
愛部屋/東雲龍 根岸、三枝
離婚調停劇/鹿成トクサク ベンゾウ、ミキ、ケータ
POV神待ち少女/けんじ
いっしょ暮らし/ミカリン 春奈
ママハン〜叶秋穂編〜/七尾ゆきじ 叶秋穂、三枝木
木茂田恭介の事件簿〜失われたザーメン〜/山田こう 木茂田恭介、月宵伊代世、(西園寺瑞穂、上津誠一、二階堂謙太)
サマーバケーション/gonza 朝倉英麻、晶
いつもと違う夏/塩おにんこ 渚、航、田中先輩、吉田先輩
アフター同窓会/よこはまインカ 佐倉、小泉先生、(井出、斉藤、今仁、常木、高崎、羽左間)
クノイチストライク/里崎 珠音
イイ先生もラクじゃない?!/秋白秋乃 近藤、新山先生、竹本先生、
とある週末/makki 相田大輝、高瀬美咲

「すりぃぷらぁにんぐ」ざっくりあらすじ

「すりぃぷらぁにんぐ(前編)(「COMIC X-EROS #79」)」

すりぃぷらぁにんぐ(前編)
すりぃぷらぁにんぐ(前編)

「すりぃぷらぁにんぐ(後編)(「COMIC X-EROS #80」)」

COMIC X-EROS #80
すりぃぷらぁにんぐ(後編)

一回寝たら起きない妹の夏鈴にいたずら(調教)、最終的に中出しまでするのが前編。
後編は夏鈴が「夢じゃなかったんじゃないか」と疑って嘘寝をしてそのままエッチをする話。

プレイ内容/属性キーワード

  • 女子校生
  • 兄妹
  • 潮吹き
  • 巨乳
  • 中出し
  • おもらし
  • 睡姦

ざっくりレビュー「前半の壮大な溜めを後半にすべて注ぎ込む良作」

前半は睡姦(〜調教)、後半はエッチ。
前半で散々調教して身体を開発してきたのが後半のエッチで非常に活かされます。

前半で開発された身体のうねりが凄い

元々妹の夏鈴はどちらかというとパンツ丸見えで油断しすぎているような感じなものの、Hさは特に出していないのですよね。

ただ、兄が眠っている夏鈴のパンツを脱がせたり、性器をいじったり、クンニ、中出ししたりであれこれしている間に夏鈴本人が自覚しないままに身体がエロく開発され、挙句の果てにオナニーを激しくしてしまうような始末。

そこからの後半がとってもエロくてよいのですよね。

無自覚に身体がエロくなっている中、寝ているふりをして兄のエロいイタズラを受け、感じている時のトロ顔。
前半で寝ている最中に散々開発された「溜め」が一気に寝ていない時に開放され、表情が飛んでいてとても良いです。

寝ている時は意識もおぼろだけど起きていたら感度が高くなるのは当然のことで、そのギャップが後半の素晴らしさです。
表情に起きている時の快楽が表現されていて気持ちいい。

両親不在時のエッチが真骨頂

それからも寝たふりをし続けエッチされていた明くる日、両親不在になるタイミングがあり、エッチをしたくてたまらない夏鈴が

「お兄の部屋で一緒に寝ても・・・いいかな?」

と言って一緒に寝る事になります。

ベッドの中の夏鈴のエロい下着、寝るふりをして胸や身体を擦り付ける仕草、そして眠っているのを確認した上での兄からのディープキス。

そして1ページまるまる使った夏鈴の全裸姿。

ここでボルテージが一気に上がってきます。

この日に関しては兄が「起きている」と分かった上でプレイしていて、あえて焦らすように性器を夏鈴の顔に擦り付けるようなプレイ。
ここで耐えきれず夏鈴が舌を出して舐めるシーンも最高でした。

そこからの(起きていることがバレた上での)セックス。

それまで(寝た振りも含め)睡眠という壁を一枚挟んだ上でのセックスだったので、二人が起きている時の溜めに溜めた上での挿入、ズブリ感の迫力とエロさが最エロです。

前半含めて、最後の起きている時のセックスまでの長期的な前戯と考えると、ものすごい壮大な作品なのではないかと感じました。
良いスリープラーニングでした。

ごちそうさまでした。

■作品リスト

■収録


1 comment for “あきのそら「すりぃぷらぁにんぐ」感想(「COMIC X-EROS #80」収録)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です