せきえま

岡田コウ「あばかれるこころ」感想


「コミックホットミルク 2020年12月号」を読みました。

個人的に「これどうなるんだ・・・」と思ったのが岡田コウ先生の「あばかれるこころ」(前編)。
岡田コウ先生の作品を完全に制覇しているわけではないのですが、催眠作品は珍しいような印象があります。

岡田コウ「あばかれるこころ」

あばかれるこころ
あばかれるこころ

内容

すべての生徒が何らかの部活動に参加せねばならないという校則があるため、蒼井新は廃部寸前の超常現象研究会に所属していた。催●に夢中の女性部長をよそに、ゲームで時間を潰している新のところにクラス委員長の黒埼凜が訪ねてくる。口うるさく注意ばかりしてくる委員長のことが苦手な新だったが、なんと新の目の前で女性部長が委員長に催●をかけてしまった。新にも催●術を教えてくれるというが…。

登場人物

  • 蒼井新
  • 黒埼凜

前編感想「催眠オナニーの覗き見のようなエロさ」

口うるさい委員長を催眠アプリを使って静かにさせる・・・だけのはずが途中からタガが外れ・・・という話。
ジャンルは催眠。女子校生。

前編は催眠に掛けられた委員長・凜が命令されてスカートをめくり、パンツを見た新が「もうちょっといってもいいのでは」とエスカレートしていきます。
パンツの上から性器に触れ、オナニーをするように命令し、耐えきれずいざ挿入・・・というところまで。(挿入目前)

いいなと思ったのがオナニーシーンの表現。
前半の凜の堅物感からオナニーをするようには見えないですし、当然公言するようなキャラでもありません。

ところが催眠の力によって

  • 月2〜3でお母さんのいない時にしている
  • 乳首は服の上から触るのが好き
  • パンツは全脱ぎする
  • 指は挿れたことがない

と告白。
そして新の眼前でのオナニー。

普段見えないプライベート(しかも想像していなかったエロさ)が覗き見える感じがめちゃくちゃエロい。

さらにそこからの指入れ×催眠で性感を高めるというシーンもあり、これを目の前にしたら指を挿れたりもしたくなりますよねというところで次回へ・・・。

気になっているところ

本作、気になっているのは随所にフラグがありそうなところなんですよねw

  • 委員長は本当に催眠にかかっているのか
  • 部長が話していた記憶改変・常識改変とかの話
  • 委員長の遮られた言葉の先

(他にもあるかもしれない)

・・・などなど、いろいろな要素がどう転がっていくのか、二人の関係はどうなるのかが気になる一作。続編待機!

■作品


他にはこんな記事も読まれています。

FANZA(DMM)セールまとめ
【エロ動画10円セール開催中】 FANZA(DMM)が現在行っているエロ半額セールなどのまとめ情報です。デイリーで巡回して更新中。

新作単行本エロ漫画(電子書籍)ランキング
FANZAの新作単行本の電子書籍版エロマンガに絞ったランキングまとめです。

新作エロ同人まとめ
新作エロ同人まとめ。FANZAのランキングを巡回して新作に絞り込んでまとめています。