せきえま

すねこすり「「うるさいですね」小さくてクールなお姉ちゃんママが事務的が抜いてくれる件」感想


音声作品を衝動買することは今までなかったのですが、タイトルのインパクトの強力さと試聴して先が聴きたくなったので購入しましたw
元々「うるさいですね」のコピペを初めて見たときに「このコピペ、使えるんじゃないか・・・?」と思ったくらい好きなコピペだったのもあります。

元ネタの元ネタ(作品)は見たことないので、そういう人が聴いた感想と思ってもらえると良いかなと。

すねこすり「「うるさいですね」小さくてクールなお姉ちゃんママが事務的が抜いてくれる件」


「うるさいですね」小さくてクールなお姉ちゃんママが事務的が抜いてくれる件

内容

ボク「あっ! ああっ~! 出ちゃう! 出ちゃうよ~~~!」

店員さん「はい。今日の搾精は終わりです。お疲れ様でした」

ボク「うう……。ありがとうございました……」

数カ月前、念願叶って、街でも評判のかわいい女子店員が多いカフェで働くことになったが、『女性ばかりのカフェで若い男を働かせるのは危険では』との懸念の声が上がり、憧れのカフェ店員さんに定期的に抜いてもらうことに。

けれども、カフェ店員さん(憧れのお姉ちゃんママ)はボクのことが嫌いのようで、いつも不愛想な対応をしてばかり。

ボクは今日も乱暴にしごかれて、おちんちんイタイタなのだった。

視聴版

収録内容

  • カフェ店員[1話] 9:34
  • カフェ店員[1話]voice_only 9:34
  • カフェ店員[2話] 13:43
  • カフェ店員[2話]voice_only 13:43
  • カフェ店員[3話] 27:14
  • カフェ店員[3話]voice_only 27:14

パンツ見せ上目遣い手コキ挿絵付き。(顔射差分あり)

感想「淡々とした中に見え隠れする愛情が◎」

事務的ではありながらも照れや愛らしさが見える逸品。良い。

1話・開店前しこしこ

店員の男(主人公)がカフェ店員さん(お姉ちゃん)に「お兄さんがエッチな目で見てくるという苦情が多い」と言われるところから。

「どうすればお店の仕事に専念できるようになりますか?」
「・・・なるほど、タマタマから白いおしっこをピューッと出せばきちんと働けるようになるんですね」

ものすごい導入のインパクトですが。お兄さんがお店の仕事に専念できるようにするべく、お姉ちゃんが性的な知識が薄いながらもしこしこしてくれます。
(お姉ちゃんが可愛らしい声で「タマタマ」「白いおしっこ」など直球じゃないエロワードを言ってくれるのも好き)

淡々としていながらも、一生懸命しこしこしてくれている感が滲んでいますし、途中からおっぱいを吸いながらじゃないとピュッピュできないとリクエストするとおっぱいを吸わせてくれるなど、甘やかしてくれ、応援しこしこをしてくれるのは素晴らしいところです。

興味本位からなのか射精後の精子舐めやテイスティングをしてくれます。ここも良い。

2話・学校の制服×オナホコキ×足コキ

お兄さんの部屋×学校の制服×オナホコキ

「衛生的に問題がある」「他の店員に怪しまれる」という点からお姉ちゃんが主人公の部屋に制服で来て搾精してくれる話。

お姉ちゃんがオナホを準備してくれ、オナホコキ。
口でしてほしいとせがむも、断られ、オナホを強制執行。

オナホもお湯で温めておいてくれるという心遣い。お姉ちゃん・・・(泣)

乳首舐めをリクエストすると仕方がなさそうに右、左・・・と舐めてくれ、激しくなっていく乳首舐め一回射精。

ティッシュで拭いてくれた後に挿入をせがむも、断られ、足コキ。
靴下を履いたままの足コキ射精。べしゃべしゃにします。

3話(前)・事務所×前立腺〜フェラ

別の日。

お客さんからまたクレームが入ったので真面目に働いてもらうために搾精。
クレームがお姉ちゃんにはないおっぱいの大きい女の人からのクレームということで合間合間にちょっとした嫉妬が含まれるのがかわいい。

今回はソファで全裸になって手袋×ローション×尻・前立腺いじめです。

前立腺だけを延々と責められ耐えかねているところ、おちんちんを触る条件として「毎日私に搾精されること」を誓わされます。(ご褒美です)

そして始まるお尻とおちんちんのW責め(尻いじりとフェラ)

お姉ちゃんのフェラの上手さや言動に大きな愛情が含まれています。ここは最高でした。

大きな山場を迎えて最高なシーンからの激しめのフェラ、ごっくん。

もうこの辺からは愛情が濃い目になってきています。とてもいい・・・

3話(後)・事務所×乳首舐め騎乗位H

お掃除フェラから勃起したお兄さんに対して何故か服を脱ぎ始め、パンツを貰ってからのお姉ちゃんとのエッチ。

建前は「搾精」なんですけどももはや愛。

挿入×乳首つねり、乳首舐め。
そして腰を振られながらの中出し。音と声だけでお姉ちゃんが腰を振っている画が浮かぶのすごいw

さらにそこから空っぽになるまでエッチ・・・少しだけ後日談を挟んで終了です。

喋り方は終始淡々としているのに、時間が経つにつれてほんのりとお兄さんへの愛情などが見え隠れするのが良く。

個人的には3話最初の射精から次の挿入までの流れが大変好みでした。ありがとうお姉さん。
ごちそうさまでした。

■作品