せきえま

二次元VRの秀作「VR 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」感想(OVAも発売!)


前回:舞島あかり「【VR】顔だけで選んだデリヘル嬢がマジで大当たり!本番禁止のハズが興奮剤を飲ませたら自ら生中出しを懇願してきたガチエロバニーちゃん!」

VRが比較的一般的になってきているのですけども「二次元が好き!」という人間からしてみるとよく思うのが

「二次元の世界に入れないのかな?」

ということ。

以前調べた時にはリサーチ力不足なのか見つけられなかったのですが、DMMのVR作品を散策していたところ発見したので「おっ!」と思って購入しました。すごかった!

「VR女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」

VR女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
VR女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

(内容)

累計600万ダウンロードの大人気コミックがVRに!ボロアパートの天井が抜け、落ちてきたのは女の子!?(通称、女子落ち)女優を目指す頑張り屋、丹生砂生ちゃんとのエッチなハプニングを物語の主人公目線で体験できます。アニメ「じょしおち」もお見逃しなく!!

原作は超有名作品、鳩こんろ先生の「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした」ですね。

プレイ〜シチュエーションメモ

印象に残ったシーンメモ。

前半(4:15)

  • (主人公の)オナニー
  • 導入部分
  • 着衣H
  • 騎乗位
  • 服を脱ぐ(ところで後半へ)

後半(7:17)

  • 乳揉み
  • 騎乗位
  • 背面騎乗位
  • 中出し
  • 巨乳

ざっくりレビュー「二次元VRの秀作」

すごく良かった!

原作の流れそのままで天井から落ちてきた女の子にズッポリと挿入してしまうという無茶苦茶な展開なのですがw、(このへんは映像として見ていても無茶苦茶だなって思うんですけどもご愛嬌ということで)それでもエロ作品としてのクオリティは高かったです。

二次元の女の子とHを臨場感を持ってするってこういうことなのか・・・という感じ。

前半4分、後半7分の作品で両方見るのがもちろんオススメですが、前半・後半のいずれかだけでもHシーンはあります。

前半の見どころは着衣Hをしている時の服にピッタリと張り付いて形を強調している巨乳、そしてHをしている最中に首元から胸元にかけてうっすらと汗ばんでいるように見えるシーン。

特に汗ばみのような身体の艶にクオリティの高さを感じました。

後半は前半で着衣のままHをしていたのに対して服を脱ぎ、おっぱいが丸出しになります。

序盤戦はよく質感の出ている乳揉みと乳首いじり。いずれも二次元でここまでできるのだなと感じさせます。

後半の方がややエロが濃厚で最初に砂生ちゃんがイッたあとに身体を回して背面騎乗位(主人公にお尻を向ける形)と、体位を変えるのも作品としての力の入れ方を感じます。体位を変える時の砂生ちゃんがまたエッチ。

最後は騎乗位で中出し、腰を少し浮かしての精液垂れも鑑賞でき、こだわりポイントが最後まで確認できます。

これからこういう二次元エロVR作品が次々と出てくるのでしょうけども、最初からこのクオリティを担保できるのであれば将来もっと発展していけるのだろうなという期待感が高まります。

二次元VRの第一歩という印象のある秀作でした。二次元エロVRを見たいという人は見るべき。

■前篇

■後編

OVAも発売!

じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~【完全版】
じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~【完全版】

OVAも発売。

天井が抜けて、2階から女の子が落ちてきた!?

ボロアパートに住む俺の、唯一の癒しは、美人な大家さんと可愛い2階の子。
そんなある日、天井が軋む音がして…バキッ!と底抜け、俺の真上に、2階のあの子が降ってきて…っ!?
奇跡のエロハプニングで、偶然つながるココロとカラダ。
そして、なぜか始まる美女2人との共同生活!?

一つ屋根の下、濃密すぎる三角関係の行く末は…!?