せきえま

オナニーのペニスの痛み予防〜皮オナニーの害を防ぐ方法は・・・


男性の方で「オナニーをしない」「オナニーなんか大嫌い」という人はほぼいないでしょう。
ほとんどの男性がエロ動画をみたり、エロマンガを読んだり、はたまたエロゲーをやったりしてオナニーをしているはずです。
ましてやこのブログを見ている人でオナニーが嫌いな人なんかいないですよねw

そんな中でまたほとんどすべての人が体験しているであろう「オナニーのしすぎでチンコが痛い」現象。

過去にこのブログでもちょっと触れたことがあるのですが、この解消法を発見したので紹介します。

 

そもそも何故ペニスが痛くなるのか?

「痛い」の症状にも色々とあると思うので断言はできませんが、オナニーのしすぎでペニスがジンジンと痛む感じなのは「オナニーの時に強く握りすぎ」のことが多いです。
男性のオナニーの特徴として、より気持ちよくなろうとして握る力が無意識の間に強くなりすぎてしまい性器が圧迫されているというわけですね。

もちろん回数を重ねすぎるとペニスにも射精の負担が掛かっているので力を入れていなくても痛くなることがありますが、2〜3回で痛むというような場合、力の入りすぎというのを視野に入れてもいいでしょう。

 

力の入りすぎはオナホで解消できる

【包容快感】ヴァギナラップ
好きなオナホのパッケージから。単純に貼りたかっただけですw

私、最近オナホを使い始めたんですけども、1ヶ月近く使用してみて気付いたことがあります。

オナホを使ってオナニーするとペニスが痛くならない。そして、気持ちがいい。

買った当初は単純に「どれだけ気持ちいいものなんだろう」と興味本位で買ったのですが、改めて思い返してみると全然ペニスが痛くならないんですね。
これは多分オナホを使っていると「手に無駄な力を入れなくても気持ちいい」というのと「手の力が直接性器に行くのではなくオナホを間に挟んでオナニーしているのでペニスに余計な負担がかからない」というのが大きな原因なんじゃないかと思っています。

オナホを購入して使ってみた際の新たな発見でした。

 

【仮説】皮オナの害を防げるのではないか

全国仮性包茎男子の定番オナニーである皮オナ。
一般的によく取り入れられている手法であるものの「皮が伸びてしまう」「皮が伸びると性器の衛生的にも良くない」と言ったことが挙げられます。

ただ、亀頭を最初から直接擦るのってローションでもない限り普通に痛いんですよねw
「皮オナニーが良くない」という話を聞いて亀頭にギアチェンジしようとした諸氏も多いかと思いますが、亀頭をそのまま擦るのに痛みを感じ、結局皮オナニーに戻ったのではないでしょうか。

ここから私の仮説なのですが。

オナホは皮オナニーを防げるのではないかということ。
オナホを使っている場合、性器はオナホにカポッと包まれてしまう(+ローションで潤されている)ので意識するしないに関わらず、オナホが亀頭を刺激することになります。
となると、早い段階でオナホを使うことにより皮オナニーの害を防げるのではないかということ。

オナホって買うまでは「ちょっと変態っぽい感じなんじゃないかな」と思っていたんですけどとんでもない。

これ、本当に性的な意味以外で色々なメリットがあるのでオナホ教育とか義務教育で教えた方が日本の性が潤うんじゃないかと思ったりしています。

ちなみに現段階での私のオナホランキング(2016.7)はこちらですw
マイオナホランキング(2016年7月)|オナホ初心者感想日記

■私が使っているショップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です