せきえま

無料アダルトサイトが危険な理由についてまとめてみた。


当サイトはエログなんですけども他のエログと違うのはエロ動画が長時間閲覧できたり、エロマンガの全てが無料で閲覧できたりというのがないところ。
あくまで私の読んだエロいものの感想と、リンク先も優良なエロサイトのみ。

見てくれるユーザーの人からしてみたら無料で見られないなんて、こんなまどろっこしいことはないかもしれません。

ただ私が無料動画サイトにリンクをしたり、無料で見られるエロマンガ・エロ動画を掲載しないのには理由があるんです。

至ってシンプルな理由で「無料アダルトサイトのリスク」を知っているためです。

今回はその話をまとめてみます。

 

無料アダルトサイトのリスク

色々なところにも同じようなことが書かれているので調べている人は既に理解しているかと思いますが、無料アダルトサイトのリスクは大きく分けると以下の3種類。

  1. 架空請求などの詐欺
  2. ウィルス感染
  3. 違法ダウンロード刑罰化

上から順番に解説していってみます。

 

1.架空請求などの詐欺

もっとも分かりやすい事例。

従来のワンクリック詐欺のように、クリックすると「申し込み完了しました」などのメッセージが大きく表示されたりするものが代表的です。最近では手口がどんどん巧妙になってきており「ワンクリック詐欺」ではない「ツークリ詐欺」(※)というのもあります。

※ツークリ詐欺とは?
表向きは無料アダルトサイトを装っているものの、よーく見ると人が気付かないレベルで画面の隅に「クリックをしたら登録完了になる」旨を記載されている文言があり「文面をきちんと読みましたよね」「同意しましたよね」という煽りをかけてくるもの。ワンクリック詐欺と同じく反応してはいけない。

この手の詐欺で難しいのは「◯時間以内なら解約可能」だったり「心当たりのない方はこちらに連絡を」といったような文言でユーザーの焦る気持ちを悪用し、連絡先や個人情報を抜き取るという手法。
登録完了の画面にIPアドレスなどの情報が掲載されており、あたかも「情報を掴んでいます」といったような表向きなもののこれだけでは個人を特定することは出来ませんし、プロバイダー側にも個人情報を開示する権利はありません。
(犯罪等に関わる範囲であれば別ですが、ワンクリック詐欺においては犯罪ではありませんのでプロバイダーが分から個人情報は開示されません)

ちなみに無料アダルトサイトってこれだけで相当儲かっているんです。

2013年のデータではワンクリック詐欺の被害総額は3億以上に登るとされています。

2013年度に国民生活センターに寄せられたエロサイトのワンクリ詐欺などの被害総額は3億7940万2891円で、そのうち1億8464万7716円が女性被害者によるものという。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20140905/Shueishapn_20140905_35292.html

運営者はこれで儲かっていると言っても過言ではありません。

また直接ワンクリック詐欺に絡んでいなくても、サイト内を移動するリンクに見せかけて巧妙にワンクリック詐欺サイトへのリンク誘導をしているところもあるので注意が必要です。

 

2.ウィルス感染

架空請求よりも見えにくい要素「ウィルス感染」。

最近はスマホでもエロサイトを見ることが出来るようになってきているのでスマホ経由のウィルス感染の危険度が上がってきています。
PCと異なりスマホで危険なのは「電話番号などの個人情報が多く入っている」「位置情報を送信できる」「写真データなど個人を特定しやすいものがある」などの点です。

※特にiPhoneよりもAndroid向けウィルスの方が一般的に多く確認されています。

またダウンロードしたアプリが悪さをするということも。
先日知って衝撃的だったのがこちら。

アダルト動画を見ている姿を激写されて身代金まで要求される極悪Androidアプリ – GIGAZINE

アプリを起動してアダルト動画を見ているとその「アダルト動画を見ている自分」が自動的に撮影され、脅迫されるというものです。ウィルスと同じくアプリが脅威になっている事例ですね。

 

3.違法ダウンロード刑罰化

著作権のあるものをアップロードするのが違法と知っている人は多いかと思いますが、今はダウンロードした人も違法になります。

実際の政府(文化庁)の公式声明を引用します。

平成24年通常国会での著作権法一部改正案の審議の過程において、いわゆる「違法ダウンロードの刑事罰化」を内容とする修正案が提出され、6 月に可決、成立しました。
具体的には、私的使用の目的であっても、有償著作物等の場合には、著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、自らその事実を知りながら行って著作権又は著作隣接権を侵害した者は、2 年以下の懲役若しくは 200 万円以下の罰金に処し、又はこれを併科することとされています
http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/hokaisei/download_qa/pdf/dl_qa_ver2.pdf

つまり趣味(私的使用)でもっていても違法ということです。
結構サクサクと色々な著作物を落とせるサイトがあるみたいですが、完全に違法です。

「架空請求などの詐欺」の項目で「IPアドレスはプロバイダー側で開示する権利はありません」といった旨のことを記載しました。その際に「犯罪の場合は別」と付記しましたが、違法ダウンロードにあたっては「犯罪」の領域に入ってしまうので、警察に要求されればプロバイダーは情報を開示する必要があります。
(分かりやすい例で言うと、よく2chなどに犯罪予告などがされますよね。あの情報も警察がプロバイダーに開示要求をし、特定しています)

つまりダウンロードするだけで犯罪者になってしまう可能性があるのです。
これが社会的には一番重いのではないでしょうか・・・

 

このサイトでおすすめしている有料サイト

上記のような理由からこのサイトでは無料アダルトサイトについては一切紹介していません。
その代わり、有料のアダルトサイトはガシガシおすすめしています。高額な架空請求の恐怖や、逮捕なんていう状況に比べたらリスクなんてないに等しいです。

もちろん有料サイトが全ていいというわけではなく運営元がしっかりしている、ハッキリしている、長く続いているというのが前提です。

当サイトで紹介しているサイトを軽く紹介します。

 

DMM.R18

エロの総合サイト。動画や同人誌、ゲームなどなんでもあり。
最近ではタレントを起用したTVCMも放映されていることから社会的な信用は高いことが分かるでしょう。

またエロゲーカテゴリでも紹介している通り、無料(アイテム課金があるけどアイテムを買わない姿勢でどうにかなる)でエロを楽しめるものがたくさんあるのでおすすめです。

女性向けアダルト動画   DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です