せきえま

エロ描写のハードさと力強さ。とく村長「ワルイムシ」(COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)より)


前回:ちょいポチャの身体がエロすぎる。inono「ボクたちの失敗」(COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)より)

やはり色々なエロマンガ誌を読んでいてもCOMIC高はレベル高いと思います(※性癖の問題)。
人におすすめしたいエロマンガが多い。

エロマンガ誌って色々な作風の作家さんが入っていて、自分の好みの範疇に入っていなかったものなんていうのもあったりするんですけども、そこが実は新たな扉の入り口だったりもして面白いです。

今回は絵柄が結構新しいというか、冊子の作品紹介には「デフォルメエロの華」とか書かれていたんですが、とく村長「ワルイムシ」を紹介します。
※とく村長って名前だと「とく村長先生」って先生付けするの妙な感じなので村長付にしましたw

前回紹介した「ボクたちの失敗」とは絵柄的には間逆な気がしますが、双方が双方の良さを出していてこちらも実用性があります。

 

「COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)」収録:とく村長「ワルイムシ」

COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)
COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)

(作品概要)

「わたしらしく。」

欲望を制御し、適切に処理(オナニー)できるスマートな大人のための女子校生エロ漫画雑誌。

表紙…加茂

石鎚ぎんこ「ルーモアギャル→野本さん」
つっつ「ぱんつ売りのJKさん」
デコ助18号「威風淫々」
桐原湧「BORDERLINE」
わなお「イマDoki?花子さん!」
みよし「ゆびきりげんまん」
inono「ボクたちの失敗」
佐骨「Gimme Love!」
とく村長「ワルイムシ」
makki「みにくいビッチな娘」
おろねこ「さらしな恋心」
森山六花「純情かれんっ!」
ぞんだ「ナマ☆イキ」
Qudamomo「CIRCLE」
きいろいたまご「とらカブり??」
むねしろ「彼女は淫らな読書女子」
ポンスケ「魅惑の微笑」
うさ城まに「彼女コロン」
成田コウ「逆転カースト」
高橋こじか「先生のお礼参り」
くろニャン「ふたりの進路」
四電ヒロ「outframe」
坂上海「僕は妹に弱みを握られている」
東野みかん「暗闇ノ花ビラ」
たらぞお「さまーがーる」

単話はこちら。

toku
とく村長「ワルイムシ」

※ちょっと自主規制掛けていますw

 

ざっくりレビュー「キャラはデフォルメ、だけどHは激しい」

自分の家に友達(トモヨちゃん)を連れてきたヒロミちゃん。
家にはひきこもりニートの兄がいて、ツンツンと冷たい態度を取るも実はお兄ちゃん大好きっ子。
そのヒロミちゃんがトモヨちゃんにお茶を準備している間に・・・(上記画像w)

デフォルメの絵柄なんですけどもプレイそのものはとてもハード。
舌を大きく使ったフェラ、激しめの手コキ、乳首舐めの時の掌コキ、そしてセックス。
全ての動作が妹の部屋でハードに展開されていきます。

部屋から追い出された妹のヒロミちゃんはドアの外でオナニー。
オナ姿も同じようにハードなフィニッシュ。

属性的にはNTR的なマンガになるものの、デフォルメの作風を活かして悲壮感がないのがこの作品の良いところ。
NTRが苦手な人でも「男側がハードな責められエッチ」をされるくらいの感じなので読みやすいです。そしてエロい。

線が太めなので、汁描写も激しめで射精する瞬間の描写や、トモヨちゃんがパンツを脱いだ時にパンツから糸を引いている描写などが力強く実用性に十分足りる作品です。

DMM内を検索していたらまだこの作品しか見当たらなかったので、ぜひとも引き続きこうしたデフォルメの可愛らしさとハードプレイのギャップを魅せる作品をぶつけてほしいと思います。ごちそうさまでした。

■収録

■作品

次:東野みかん「暗闇ノ花ビラ」(COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)より)

 

(おまけ)人気エロマンガ・エロ同人ランキング

最後に現在のDMMエロマンガ・エロ同人ランキングを紹介。定期的に確認すると思わぬエロい掘り出し物があったり、割引キャンペーンをやっていることも。PCでもスマホでも見られるので、お好みのエロマンガを好きな時に好きな場所で見られます。
  有名エロ漫画家の単行本から、月間のエロマンガ冊子まで。すべてのジャンルを幅広く商品を揃えているのでエロマンガのことはここでほぼ満足できる可能性が高いです。私も重宝しています。
  エロサイトの広告で配信されている作品などやたらとエロい作品が集まっています。好きな作家さんを探して、その作者の作品を追ってみたり、表にあまり出てこないコアなジャンルを探ってみたりするのに便利。

2 comments for “エロ描写のハードさと力強さ。とく村長「ワルイムシ」(COMIC 高 2016年7月号 (Vol.9)より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です